費用はいくら?モラハラ離婚を助けてくれる頼もしい弁護士。

モラハラは夫婦間で起こりやすい問題です。

実際にモラハラが原因で離婚する夫婦は増えていて、その多くが妻側の申し出となっています。

モラハラは証拠が掴みにくく、第三者に理解してもらえない上に、モラハラをする人はなかなか離婚に応じようとしないので、離婚を成立させるのは簡単なことではありません。

そんな時に強い味方になってくれるのが弁護士さんです。

費用はかかりますが、スムーズな解決を目指すのであればぜひ一度相談することをオススメします。

モラハラで離婚したいと思ったらやること

何をやってもダメ出しをされる、理不尽に怒られる、人格否定をされる、無視をされる…このような生活を続けていると精神的におかしくなります。心が病んでしまうと体だって元気ではいられません。

自分がモラハラの被害者だと気づいたら一刻も早く離婚に向けて準備を進めましょう。

証拠を集める

モラハラは2人だけの空間で起こることが多く、目撃している人はほとんどいません。
モラハラをする人には外面がいいという特徴もあるので、あなたがどんなに夫のモラハラを訴えたとしても信じてもらえないこともあります。
モラハラ夫は口も上手いのであなたの話を自分の都合のいいように書き換えてしまう恐れもあります。
だからモラハラで離婚する際には、夫がモラハラをしていたという証拠が絶対に必要です。

  • モラハラを記した日記
  • 夫からの暴言が書かれたメール
  • モラハラが原因で病院やカウンセリングへ通院したという記録
  • 警察への相談記録
  • 友人の証言
  • 暴言の録音

決定的な証拠になるのは夫の暴言を録音したものです。今は小型のレコーダーや文房具に見えるレコーダーも売っています。
私はスマホのアプリを使用しましたが、小さな音もバッチリ拾ってくれたのでそれでも十分だと思います。
それ以外の証拠は一気に集められるものではありませんが、多ければ多いほど有利になりますので、少しずつ集めておきましょう。
詳しくはこちらをご覧ください。⇒必要なのは証拠と覚悟!モラハラ夫と離婚するためには何をしたらいい?

別居する

モラハラ夫と生活を続けていくことは本当に大変です。
モラハラが始まったら聞き流すとか、先に謝ってしまうとか対処法はいろいろありますが、それでも自分を追い詰める存在と同じ空間にいることは決していい気分ではないはず。
なので思い切って別居をしてみることをオススメします。
私もモラハラ夫の家を出たことがあります。
『怒られるんじゃないか』『許してくれないんじゃないか』など恐怖も付きまといましたが、もう死んでしまおうかと思うくらい追い詰められていたので思い切って実家に戻りました。
最初は寂しくも感じましたが、モラハラ夫がいない生活はとても自由で、誰かに怯えなくていい生活はとても穏やかに感じました。
離婚を迷っている方でも一度離れてみると自分を癒す時間が持てて、今後のことを冷静に考えることもできるので、離婚するかどうかは別として、離れる時間を設けてみてください。⇒別居のススメ。精神的DVから解放されて自分を取り戻す!

今後の計画を立てる

離婚すると決めたのであれば、今後のこともよく考えないといけません。
今は共働きの夫婦も多いですが、男性の方がたくさんお給料をもらっている家庭は多く、そのお金で妻が家計をやりくりしているというのが一般的ではないでしょうか。
離婚をするとなると、今後は自分で生活費を稼がなくてはいけません。
実家に帰れない場合は住む家も見つけなくてはいけません。
専業主婦で離婚を考えている場合は、まずは仕事を見つけることが必要になります。
子供がいる場合には別居した先から通える幼稚園を探したり、将来どれくらいのお金がかかるかなども考える必要があります。
男性の場合には、今まで妻がやってくれていたことを1人でこなさなくてはいけなくなるので、家事を任せっきりだった人は覚悟しなくてはいけませんね。
このように計画を立てることはもちろん自分のためですが、相手が離婚に応じてくれない時にこの将来設計を伝えることで『ここまで考えて離婚したいと言っているのか』と相手の心を動かすきっかけになる場合もあります。

弁護士を探す

モラハラ夫は離婚を嫌がったり、離婚には応じたとしても自分の非を認めず慰謝料や親権に納得してくれない場合が多いです。
モラハラを訴えても口が上手いので、簡単に丸め込まれてしまったり、周りを味方につけて逆にあなたに慰謝料を請求してくるケースもあります。
正直、1人で戦うのは限界があります。
そんな時に強い味方になってくれるのが弁護士です。
弁護士さんにも得意分野があるので、全員が離婚に強いわけではありません。
また、どんなに凄腕の弁護士だったとしても相性が合わないという場合もあります。
結果も大切ですが、どうせならあなたのために一生懸命になってくれる人がいいですよね。
弁護士さんを探す方法はいろいろあります。
『モラハラ離婚 弁護士』と検索すればたくさんの弁護士事務所が見つかります。
弁護士さんに依頼したことのある友人がいれば紹介してらうこともできます。
無料相談ができるところもあるので、どんな人かを知るために一度相談するという手もあります。
実際に夫と戦うことになったらお金を払って依頼するのだから、納得できる弁護士さんを探しましょう。
ちなみに私は法テラスを利用して、相談内容に合った弁護士さんを紹介してもらいました。

弁護士費用はどれくらい?

弁護士費用は事務所によって違いますが、相場は以下の通りです。

法律相談料

弁護士さんにはいきなり相談に行ってその場で依頼することはできません。
まずは一度相談をして、アドバイスをもらい、納得した上で依頼しなくてはいけないので、その最初に相談する時の費用のことです。
相場は30分5000円で、30分延長すると10000円です。最近は初回無料、30分無料というところが増えています。
この費用は正式に依頼した後はかかりません。

着手金

正式に弁護を依頼するときにかかる費用です。
これは最初にまとめて払うもので、あとから返ってくることはりません。
費用は協議離婚、離婚調停、離婚裁判によって異なります。
協議離婚の場合は10〜20万円。離婚調停の場合は20〜30万円。離婚裁判の場合は30〜40万円です。

離婚する場合にはまず、協議離婚からスタートします。
協議離婚が成立しなかったら離婚調停、それも成立しなければ離婚裁判に移るので、その度に着手金がかかると考えます。
最初に協議離婚で10万円の着手金がかかり、不成立のために調停に移った場合には最初の10万円に離婚調停の着手金20万円が追加されて合計30万円になるということです。

報酬金

離婚が成立したときに、その解決内容に応じてかかってくる費用のことです。
基本的な報酬金額は30万〜50万円です。
慰謝料や財産分与などで相手からお金が支払われることになると、その金額の10〜15パーセントが報酬金に追加されます。
さらに子供がいる夫婦で、親権争いの結果、親権を勝ち取ることができると最低10万円が報酬金に追加されるケースが多く、慰謝料も支払われる場合はその金額に応じて報酬金が追加されます。
計算方法は事務所によって違うため、金額にも幅があります。
正式に依頼する前に確認すると良いでしょう。
私がお世話になった事務所でも報酬金は30万〜と説明を受けました。

日当

弁護士さんが遠方に出張に行ったりして半日や1日以上を使うときにかかる費用のことです。
調停をするときは、相手の住所地の管轄の家庭裁判所で手続きをしないといけません。
その裁判所が遠い場合は往復だけでも時間がかかりますし、日帰りができない場合は二日間を自分のために使ってもらうことになります。
このような場合に日当が発生します。
相場は1日あたり5万〜10万円ですが、この他に新幹線に乗ったりホテルを利用した場合などはその料金も加算されるので、合計するとかなりの金額になります。

実費

離婚に向けて調停や裁判を進める上で実際にかかる費用のことです。
相手との郵便の費用、調停や裁判に必要な印紙代や切手代、裁判所に行くまでの交通費などが含まれます。
先ほど弁護士さんの日当の他に交通費や宿泊費が加算されると書きましたが、それが実費です。
裁判所が遠方だと辛いですね。

協議離婚は裁判所に行く必要がありません。
夫婦の話し合いで解決できるので実費はそんなにかかりません。
ただ、協議離婚が成立したとしても、離婚後のトラブルを防ぐために公正証書や離婚協議書を残すのがオススメです。
その費用として3万〜5万円がかかります。

離婚調停の場合は、収入印紙代や予納郵便切手代がかかります。
印紙代の相場が1200〜4000円で、切手代も数千円なので、合わせても1万円くらいでおさまります。
ただ、裁判所が遠方の場合は自分と弁護士さん2人分の交通費や宿泊費がかかり、日当も発生するのでかなり高額になります。

離婚裁判の場合は請求内容によってかかる手数料が変わってきます。
離婚を請求するだけなら13000円ですが、300万円の慰謝料を請求すると手数料は20000円かかり、金額が上がると手数料も上がります。手数料の支払い方法は収入印紙です。
訴訟を行う場合には5000〜6000円の予納郵便切手も必要です。

私が弁護士さんをオススメする理由

弁護士さんに依頼すると結構な費用が時かかることが分かっていただけたと思います。

何千万も慰謝料が発生する芸能人の離婚では、請求している側も相当な金額を支払っているんですね!

私たち一般人の場合は芸能人に比べたらそんなに大きな金額ではありませんが、それでも大金に違いはありません。

こんな大金を払ってまで弁護士に依頼する必要があるのか…と思われる方もいると思いますが、実際に弁護士さんに助けられた経験のある私はぜひ一度相談してみてほしいと思います。

まず、誰かが自分の味方でいてくれるというのは大きな支えになります。さらにそれが弁護士となれば強い人に守られているという安心感も得られます。

そして弁護士という存在はモラハラ夫にダメージを与えてくれます!笑

私が元夫に弁護士に相談に行ってきたことを伝えた時、彼は凍りつきました。

『裁判やるなんて聞いてない!』と。

誰も裁判なんて言っていないんですが、彼の中では弁護士=裁判=慰謝料のような方程式があったのだと思います。

それまで散々偉そうな態度をとっていたのに急におとなしくなりました。

もちろんこれは人によって違います。

激怒して怒鳴り散らしたり、脅迫してくる人もいます(そうならないようにファミレスで言いました)。

嫌がらせがエスカレートしたり自分も弁護士に依頼してこちらを悪者にしてくる可能性もあります。

だから絶対にやった方がいいというわけではありませんが、私のように相手を黙らせることができるかもしれないので、そういう面でも私は弁護士さんに頼ってよかったなと思っています。

まとめ

弁護士費用ははっきり言って高いです。

経済的な余裕がない人にとってはつらい出費であることは間違いありません。

ですが、モラハラで離婚するのは想像以上に大変ですし、早く解放されたくて慰謝料や財産分与など『もうどうでもいいや』と投げ出してしまいたくもなります。

でもそれでは離婚が成立したとしてもきっと後悔することになります。

そうならないためにはくじけそうな時に一緒に戦ってくれる存在が必要です。

自分が望む未来のために、一度弁護士さんに相談してみてください。

初回の無料相談だけでもきっと戦う勇気が湧きます。

 

こちらの記事もご覧ください。⇒弁護士は精神的DV被害者の強い味方!費用を負担してくれる安心の制度とは?