別居をしたら会社に言うべき?住民票を移さないと大変なことになる!?

夫婦が別居をする理由は様々です。

離婚を前提とした別居以外にも、配偶者のDVから逃れるための別居、自由な時間を過ごすための別居、単身赴任や家族の介護などによる別居などがあります。

別居をして住所が変わる側は住民票も新しい住所で登録しなくてはいけません。

仕事をしている場合は会社にも報告するべきですが、周りからどう思われるかが気になってできれば誰にも言いたくないと思う人も多い思います。

私もその経験があるので気持ちは分かるのですが、きちんと報告しておかないとトラブルに繋がってしまう場合もあるので、どんなリスクがあるのか知っておきましょう。

住民票を移さないと罰金!?

そもそも日本には『住所を変更したら住民票を移さないといけない』という決まりがあります。

この決まりを守らないと5万円の罰金を支払わなくてはいけません。

しかし私自身、何年も住民票とは違う場所に住んでいてもそのようなお金は請求されたことはありませんし、周りにもそんな経験をした人はいません。

なので住民票を移さないことはいけないことだけど、そこまで厳しくはないという認識でいいのではないでしょうか。

しかし、移さないでいると困る場合もあるのでこちらでご確認ください。⇒住民票はどうする?別居した妻が児童手当を受け取る方法。

周りの目が気になって報告できない…

別居と離婚を経験した私が当時一番気になったのは住民票をどうするかより『周りにどう思われるか』でした。

私の場合はモラハラや精神的DVが主な原因で元夫が理不尽に離婚を突きつけてきましたが、私は別れたくないと思っていた側だったので『離婚したいって言われた』なんて誰にも言いたくなかったのです。

別居をして実家に帰れば『〇〇さんちの娘さん、離婚したのかしら?』と近所で噂になるでしょうし、職場の同僚や友達に哀れに思われるのも嫌でした。

もちろん、本当の友達なら私を支えようとしてくれたはずですが、精神的に病んでいたあの頃はみんなが私を見下すんじゃないかと不安になっていました。

だから私は言いたくないのなら自分を守るためにも無理に報告する必要はないと思います。

ただでさえ苦しい時に周りから冷たい扱いを受けたらそれは大きな傷になってしまいますから。

ですが、会社にも別居したことを伏せ、住民票も移さないでいると何かあった時に困ってしまう可能性があります。

その何かとは?

会社に報告しない場合のリスク

会社から交通費をもらっている人は多いと思います。

それは別居前に配偶者と住んでいた家の住所からの距離で登録している人がほとんどですよね。

別居をして新しい家が前に住んでいた家より会社に近くなった場合、もらえる交通費も安くなりますが、別居をしたことを報告しなければ交通費はこのままもらえる…悪魔が囁きますね(笑)

正直、そのくらいのズルならいいんじゃないかと私は思ってしまいますし、何も起こらなければバレる心配もありません。

ですが、万が一、通勤途中に事故を起こしてしまった場合、会社が把握していない道を使っていたことが判明すれば会社はあなたを助けてくれないかもしれません。

事故をきっかけに新しい住所がバレて交通費を多くもらっていることが分かればクビになってしまう可能性もあります。

会社から車を支給されている人であれば急に走った距離やガソリン代が変われば『あれ?』と不審に思われてしまうかもしれません。

また、住民票を移さないでいると大事な手紙が届かずに発送元に戻ってしまうことがあります。

そのような時はもしかすると会社にあなたの所在を確認する電話がかかってくるかもしれません。

このようなことがきっかけで別居が公になってしまうこともあるので、誰にも言いたくない場合でもせめて上司にだけは伝えておき、住民票も移しておくのがいいと思います。

他にも、夫のDVから逃げるために別居をしたという妻がたくさんいます。

世の中には出て行った妻を探すために会社に乗り込んでくるような夫もいますので、会社に別居の事情を話し、夫が電話をしてきたり、会いに来たりしても取り次がないようにしてもらうといいでしょう。

まとめ

別居した際、会社への報告は絶対しなくてはいけないというわけではありませんが、何かあった時のためにしておくのがベストです。

住所が変わった場合は住民票も移動して現在の住まいで申請するのが今後のためです。

別居をする理由によってはなかなか人に話したくないという人もいると思うので、そのような場合には会社中に報告する必要はなく、上司にだけこっそり報告して、今まで通りに働かせてもらいましょう。

 

こちらの記事もご覧ください⇒婚姻費用の支払い義務は誰にある?別居中の生活費はこれで安心!