別居中の子供の保育園。住民票がなくても受け入れてくれるのはどこ?

子供がいる夫婦が別居をした時、子供が小さければ小さいほど母親が側にいることが必要と考えられているので、母親が子供を育てるケースが多いと思います。

しかし、働かなくては生活が苦しいので仕事を始めたり、パートタイム勤務からフルタイムに変更する人もいるかもしれません。

保育園は朝早くから夜遅くまで子供を預かってくれるので、働く母としてはぜひ入園させたいですよね。

ですが、認可保育園の場合、別居をしているのに住民票を動かさないでいると、入園が難しくなってしまう可能性があります。

離婚を考えている場合は住民票を移してしまったほうがメリットも多いので、この機会に手続きをしてしまうのがオススメです。

住民票がない場所で保育園に入ることはできる?

認可保育園と無認可保育園

まず保育園には認可保育園と無認可保育園があります。
認可保育園は児童福祉法に基づき、子供の人数に対する先生の数や施設の広さや設備など、決められた条件をクリアしている公的機関に認められた保育園のことです。
それに対して無認可保育園は先生が少なかったり設備が整っていないなどの理由で公的機関から許可をもらっていない保育園のことです。
これだけ見ると無認可保育園はなんだかあまりよくない施設のように感じるかもしれませんがそういうわけでもありません。
認可保育園になると国からの制約も多いので、それを避けるためにあえて無認可で運営しているところもありますし、少々狭くても保育内容がものすごく充実している無認可保育園もあります。

住民票がなくても入りやすいのが無認可保育園

認可保育園は両親が共働きであったり、子供の面倒を見てくれる人がいない場合に子供を預かってくれます。
そして基本的には住民票が同じ市町村にないと受け入れを許可してくれません。
調べてみると県外だから全く受け入れてもらえなかったパターン、住民票がある人が優先されるけどなくても受け入れてもらえたパターン、別居の事情を話してすんなり受け入れてくれたパターンなど保育園によって対応が違いました。
今は待機児童も多く、保育者も足りていない状況なので住民票を移していないと不利かもしれません。
一方で無認可保育園は認可保育園ほど入園の規定が厳しくありません。子供の面倒を見られないわけではなくても入園を許可してくれたり、住民票が県外にあっても問題なく受け入れてくれる所もあります。
園によって違いはありますが、無認可保育園の方が入りやすそうですね。
さらに無認可保育園は昼間だけでなく夜間や休日も預かってくれたり、病気でも預かってくれるという取り組みをしているところも増えています。
子供より仕事を優先していいわけではありませんが、預かってくれる時間の面に関しても無認可保育園の方が強い味方になってくれるかもしれません。

保育料は認可保育園の方が安い

無認可保育園も思っているより悪いものではないような気がしてきませんか?^^
ここで気になるのが保育料です。ほぼ毎日利用する場所だから安いに越したことはないですよね。
保育料を比べると安いのは認可保育園です。
認可保育園は保護者の収入によって保育料が決まります。収入が少なければそこまで高額な保育料を請求されることはありませんし、月3000円で預かってもらっていた人も知っています。
これに比べて無認可保育園は月50000〜70000円が保育料の相場です。
1時間800〜1000円、1日5000円など園によって金額は異なりますが、もし1日5000円で週5預けたとしたら
5000円×22日=110,000円!!別居中の母の収入だけで払える金額ではありません。
もちろん園によって違うので一概には言えませんが、無認可保育園より認可保育園の方が保育料の面に関しては良心的と言えそうです。

別居=母子家庭扱いになる?

もし認可保育園に入園する場合、保育料は保護者の収入で決まります。それは別居をしていても基本的には変わりません。
なので夫婦の収入を元に30000円と計算された保育料は妻一人でも同じ金額を払わなくてはいけないということです。
できることなら抑えたい出費ですよね。
これも園によって違いがありますが、ある程度の別居期間があれば母子家庭として認められ保育料が安くなる可能性もあります。
そのためには夫婦が離婚に向けて別居している、調停中であるということを伝え、住民票も移しておくのがいいです。
自治体に相談してみましょう。

認可保育園と無認可保育園はそれぞれメリットとデメリットがあります。
住民票を移さなくても入りやすいのは無認可保育園ですが、やはり公的機関の条件を満たしていない保育園なので子供に対して先生の数が少ない、十分な設備が整っていないなど保育料以外でもマイナスな面はあります。
後悔しないためにも見学に行ったり、家庭の事情をちゃんと話してどんな対応をしてくれるかなど自分の目で確かめてみてください。

住民票を移すための手続きは郵送でもできる

住民票は移したほうがメリットが多いです。⇒住民票はどうする?別居した妻が児童手当を受け取る方法。

なので別居したら早めに移すのがいいですが、別居先が他県だったり、市役所に行けない事情がある人もいると思います。

そんな時は郵送で住民票を移動する手続きができます。

以前の住まいをA市、引っ越し先をB市とします。

住民票を移すためにはA市の転出証明書が必要なのでそれを取り寄せます。

まず、市町村のホームページに転出届のテンプレートがありますのでそれを印刷して記入します。

その転出届をA市に送ると転出証明書が郵送で届きます。

転出届を送る時に切手を貼った返信用の封筒、本人確認ができるもののコピー、保険証などA市に返さなくてはいけないものも同封してください。

転出証明書が届いたらそれを持ってB市の市役所に行き、転入の手続きをすれば住民票の移動は完了です!

基本的にはこの流れですが、市町村によって違いがある場合もあるので事前に電話をして確認しましょう。やり方なども詳しく教えてくれます☆

保育園での子供の連れ去りに注意!

未成年の子供がいる夫婦が離婚する場合、必ず親権が争われます。⇒親権と離婚の原因は関係ない!精神的DV被害者に取り戻して欲しい親としての自信。

親権は子供の幸せを考えて決定されますが、父親も母親も子供と離れるのは寂しいと思っているので話し合いだけではなかなか決まりません。

この部分で大きくもめてしまうと『親権は絶対に渡さない!』とお互いに一歩も譲らず、最悪の場合子供の連れ去りが起こってしまう可能性があります。

実際に母親が子供を連れて別居したばずなのに、預けていた保育園に父親が勝手に迎えに行き、子供を連れて行かれてしまったという事件が発生しています。

両親以外でもおじいちゃんおばあちゃんが『孫は渡さない!』と夫婦以上にヒートアップして勝手に迎えに行ってしまうというケースもあります。

私は以前幼稚園で働いていましたが、別居中の保護者から『私以外の人が迎えに来ても絶対に渡さないでください』と頼まれたことが何度かありました。

離れているから大丈夫、まさか迎えに来たりしないだろうと思わずに、少しでも連れ去りの危険性があるのなら保育園に相談して協力をお願いしましょう。

まとめ

別居中で子供を保育園に入れたい場合、住民票がその市町村になくても入りやすいのは無認可保育園だと言えます。

無認可だからと言って何か法に触れるような悪いことをしているわけではないのでご安心を♪

ただ保育料のことを考えると認可保育園の方が助かりますよね。

認可保育園でも相談したことで家庭の事情を理解してくれたり、後から住民票を移すからということで先に受付をしてくれたなど園によって対応は様々です。

もしかすると『住民票がないとダメ』と断られてしまうかもしれませんが、一度相談してみるのがいいと思います。

別居を続けるより離婚してシングルマザーになった方が優遇される場面も多いので、今後夫婦関係が戻る可能性がないのなら離婚の手続きも早めに進めたいですね。

もし夫婦二人の話し合いで解決できない時は調停や裁判で争うことになるので、第三者が離婚を認めてくれるように自分の言い分をまとめておきましょう。⇒すれ違う夫婦。離婚理由に納得できない場合に取るべき行動と納得させるために取るべき行動。

 

こちらの記事もご覧ください。⇒養育費の相場と増額する方法。離婚理由と養育費は関係ない!