1ヶ月でどう変わる?別居が導く幸せな結末は離婚or復縁?

どんなに愛し合って結婚した夫婦でも、長い人生を共に歩んでいく中で、離婚という言葉が頭をよぎることは何度もあると思います。

離婚は夫婦が合意していればすぐにでもできますが、勢いだけで離婚すると気持ちの面だけでなく、お金や子どものことでも後悔する可能性があるので、その前に別居期間を設けるといいと思います。

1ヶ月間離れていると離婚に対する考え方が変わる場合もありますし、離婚に向けて準備を進めることもできます。

ただ、相手が納得してくれないけど自分が離婚したくて無理やり家を出てきてしまったというような状況では1ヶ月別居したところで現状はなかなか変わりません。

数年間の別居が必要になる可能性もあるので、なるべく早く離婚できるように相手を説得しましょう!

別居中にすること

夫婦の仲がうまくいっていないと、常にイライラした状態でいることになります。

『離婚したい』と言っている夫婦の中には『相手の行動全てがムカつく』『早く帰宅されるのが嫌』『咳払いをされるだけで殺意がわく』など、かつて愛し合っていたとは思えないような感情を抱いている人もいます。

少し前に旦那デスノートが話題になりましたが、そこには夫に対する憎しみや怒りが大量に書き込まれていて読んだだけで病みそうです^^;

このような状況で『それでもこの人と一緒にいたい!』と思う人はいないですよね。

一刻も早く離婚したいと思っている人も多いと思います。

しかし離婚するにはそれなりの準備が必要です。特に、専業主婦だったり子供がいる家庭の場合にはより慎重に離婚後のことを考えなくてはいけません。

今後の生活費として慰謝料を当てにする人もいますが、離婚の原因によっては慰謝料を請求できない場合もあります。⇒離婚理由は性格の不一致。慰謝料、養育費はいくら?浮気してるって本当!?

決まった収入がなければ生活はできないので慰謝料がもらえなければ自分で稼ぐ方法を探すしかありませんね。

子どもを連れて家を出る場合、今までの幼稚園や学校が遠くなってしまうのであれば新しい預け先を探す必要があります。

あとから困らないように別居をしたらこのような準備を進めておき、いつ離婚してもいいようにしておきましょう。

ちなみに、別居中でも離婚していなければ婚姻費用がもらえるので生活ができないという心配はないと思います。⇒婚姻費用の支払い義務は誰にある?別居中の生活費はこれで安心!

その他、財産分与や養育費について自分の希望をまとめておいたり、浮気や浪費など相手に離婚の原因があるのであればその証拠を集めておくといざ離婚となった時により短期間で成立させることができると思います。

離婚に必要な別居期間

離婚について2人の意見がすれ違っている時についてです。

どちらかが離婚をしたがっていてももう一方が納得していなければ協議離婚を成立させることは難しいです。

その場合は調停や裁判を起こすことになります。その時に離婚を認めてもらうためには第三者から見て『夫婦関係が破綻していること』がポイントになります。

この2人はもう修復できない関係だとわかってもらえれば離婚が認められるでしょう。

夫婦関係が破綻していることの証明として別居期間はとても重要です。

もう一緒にやっていけないから家を出るわけですが、1ヶ月や2ヶ月別居しただけでは夫婦関係が破綻しているとは認めてもらえません。

離婚の原因やこれまでの経緯にもよりますが、どちらかが納得していない場合の離婚成立に必要な期間は3年、長い人だと5年かかった事例もあります。⇒2年経ったら行動開始!?裁判で重視される別居期間と認められる離婚理由。

一刻も早く離婚したいのにあと5年もかかるのかと思ったら気が遠くなりそうですよね。

なるべく早く離婚を成立させるためにはやはり相手を納得させることです。

離婚後のプランを決めてそのための準備をすすめておき、『私は本気です』『あなたがいなくても生きていけます』という固い決意を示したり、関係の修復を迫られても拒否し続けることで相手はもう無理だと悟るかもしれません。

相手が離婚の条件に納得できずに離婚に応じてくれないのなら、もう少し相手の希望も考慮した条件に変更してみるのもいいです。ただ、そこは自分が後悔しない程度の妥協で構わないと私は思っています。

極端な話ですが、相手が浮気して家庭を壊したくせに親権は渡さない、慰謝料は払わないなんて言い出したら許せないですよね!だからそんな条件を受け入れる必要はありませんが、もしあなたが3000万円の慰謝料を請求しているのであれば、そこは相場である300万円くらいにしてあげてもいいのではないでしょうか^^;

別居中に考え方が変わる?

私は元夫と離婚するまでに1年間別居しました。

今思えば元夫は完全なモラハラ男で当時の私は精神的にボロボロでしたが、長年に渡り洗脳されていたせいでそのことに気づいていませんでした。

ものすごく理不尽な理由で離婚を迫られ、泣く泣く別居。最初の1ヶ月くらいは悲しくて辛くて毎日離婚したくないと思っていました。

ですが今まで自分を苦しめていた相手から離れてみると少しずつ相手がいないことで感じる幸せに気づき始めました。

自分を大切にしてくれない相手との生活が幸せをもたらしてくれることはありません。そう感じるようになってからは私は離婚を前向きに考えられるようになりました。

これとは逆で別居をすることで相手の大切さに気づく場合もあります。

別居して1ヶ月くらいは『絶対に戻らない!』と相手に対する憎しみに支配されているかもしれませんが、だんだんと寂しさを感じ、相手の存在の大きさを痛感するかもしれません。

きっとそれは相手があなたを大切にしてくれていたからです。夫婦はぶつかることがあって当たり前です。別居したからって絶対に離婚につながるわけではないのですから、思い切って戻ったっていいのです。

自分にとっての相手の存在を再確認するためにも別居は必要かもしれませんね。

まとめ

別居は離婚を認めてもらうためにとても大切な過程になりますが、その期間は長いにこしたことはありません。

どんなに相手のことが嫌いになっても、残念ながら1ヶ月程度の別居期間では離婚するほど夫婦関係が破綻しているとは認めてもらえません。

一刻も早く離婚したいのであれば相手を納得させることが必要です。

離婚に限りませんが相手が本気だとわかると、その気持ちに負けてしまう人も多いですよね。なのであなたの本気度を行動で示しましょう。

また別居により、今まで忘れていた大切な気持ちを思い出すことができたのであればそれは夫婦関係を良くするチャンスです。

自分にも悪いところがあったなら素直に謝ってよりいっそう素敵な夫婦になれたらいいですね♪

もし、別居の原因がDVやモラハラである場合は証拠があれば何年も待たなくても離婚が認められる可能性は十分あります。

相手に難ありの場合は弁護士さんに味方になってもらい安全に戦いましょう!

 

こちらの記事もご覧ください。⇒すれ違いという名の離婚理由。時間のすれ違いが心のすれ違いに発展する!