目指せ!ラブラブ夫婦♡夫婦円満の秘訣はこんなに簡単。

私はディズニーランドが大好きでよく行きますが、たまに老夫婦が二人で手をつないでパーク内を歩いているのを見ます。

旦那さんがダッフィー、奥さんがシェリーメイを抱えてカチューシャまでつけているご夫婦もいます。

そんな光景を見るたびに『私もこんなおじいちゃんとおばあちゃんになりたいな』と暖かい気持ちになります。

しかし、結婚生活は常に順風満帆なわけではありません。離婚をする夫婦は3組に1組の時代ですし、私もその一人。

でも今の主人とは結婚3年目ですが、自分で言ってしまうくらいラブラブです!

夫婦円満を維持するための秘訣は簡単なことばかり^^ぜひ実践してみてください。

仲良し夫婦ってどんな夫婦?

夫婦円満と聞くととりあえず会話やスキンシップが多く、二人で行動を共にする夫婦を思い描く人が多いと思います。

先ほど書いたように、私も二人で仲良くディズニーデートをしているご夫婦を見てこれが夫婦円満なんだと思っています。

しかしその定義は人によって違うはず。

二人できりで出かけなくたって仲の良い夫婦はいますし、二人で出かけてもケンカばかりしてしまうという夫婦もいるでしょう。

あるアナウンサーがテレビで『我が家ではお互い家にいてもラインで会話をします』と言っていました。スタジオでは大ブーイングが起きましたし、私もそんな関係は嫌だと思いましたが、そのアナウンサーは『なんの問題もありません。うまくいっています』とそれが当たり前であるかのように話していました。

一見、人には理解されにくいかもしれませんが当の本人たちがうまくいっていると思えばそれは夫婦円満と言えるのではないでしょうか?

だから夫婦仲があまり上手くいっていなくて悩んでいる方も世間一般的な仲良しを目指そうする必要はないと思います。

自分たちが心地よいと思える関係が自分たちにとっての夫婦円満だと思ってみてください。

夫婦円満の秘訣

夫婦円満の秘訣はネットや本でたくさん出てきます。

  • 思いやりの気持ちを持つ
  • 感謝の気持ちを持つ
  • 会話やスキンシップを大切にする
  • 言葉や態度で愛情表現をする
  • 言いたいことは言う
  • 干渉しすぎない
  • 相手を信頼する
  • 相手を尊敬する
  • セックスをする
  • おしゃれに気を使う
  • 家事や育児は二人でする
  • 美味しい料理を作る など

どれもとても大切だし、特別難しいことでもないですよね。

特に『会話・感謝・思いやり』は必ずと言っていいほど出てくるワードですし、本当にその通りだと思います。その中で私が一番重要だと思うのは感謝の気持ちです。

相手に大して感謝の気持ちを持てるからそれが行動にも現れるんだと思います。感謝の気持ちがなかったらきっと相手を尊敬したり、デートをしたりすることもないでしょうし、尊敬できない人とラブラブでいろというのも無理な話です。

そしてもう一つ、私が考える夫婦円満の秘訣があります。それは『相手のいいところを見つけること』です。

上野樹里さんのダイワハウスのCMでとっても頼りない旦那さんに呆れているシーンがありますが、最後は『でもとっても優しい』と旦那さんのいいところを認め微笑んでいます。万年平社員でも上司から怒られてばっかりでも子どものオムツ替えすらろくにできなくても洗い物をしてくれた後のキッチンが水浸しで奥さんの余計な仕事を増やすような旦那さんであっても、絶対にいいところがあります。それは一緒に生活している奥さんにしか見つけられないところかもしれません。

それを見つけられると相手に対する気持ちが今より柔らかいものに変わり、夫婦関係がより良いものになるのではないかと思います。

ちなみに私しか知らない主人のいいところは、いつも私を優先してくれるところです。一つのものを二人で食べる時は一番おいしいところを絶対に私の口に入れてくれます!笑

自分から行動してラブラブに♡

夫婦円満の秘訣は高級ディナーを食べに行ったり定期的にプレゼントを渡すことではありません。大切なのは特別な1日よりありふれた毎日の中でいかに幸せを分かち合うかということです。

人は自分に対してムスッとしてる人に対して笑顔で対応しようとは思いませんよね。それは夫婦でも同じです。不機嫌そうな妻を見て夫はいい気分にはならないでしょうし、いい気分でいられないのに妻が喜ぶような対応をしてくれるはずもないでしょう。

相手は自分の鏡です。あなたが行動を変えれば相手も変わります。実際に『笑顔を心がけるようにしたら夫婦関係がよくなった』『ありがとうと言うようにしたら夫が家事に協力的になった』『愛してると言ったらセックスレスが解消された』などほんの少し自分が行動を変えただけでラブラブになれたという夫婦がたくさんいます。

急に愛してるなんて恥ずかしくて言えない!相手のせいでイライラしてるのに笑顔でいるなんて無理!と思う人もいるかもしれませんが、そういう人はできるところから徐々に始めてみたらいいと思います。

おそらく料理は妻がするという家庭が多いと思うので、これは特に男性に知ってほしいのですが、妻が毎日ご飯を作っていることを当たり前だと思わないでください。

私の主人は私の手料理を初めて食べた日から3年経った今でも毎日ご飯を食べるたびに『うまい!』と言ってくれます。私は料理の腕に長けているわけでもないし、超適当にすませる日もあるし、盛大に失敗する時もあります。そして何より主人のお母さんははるかに私より料理上手です。それでも毎日必ず言ってくれる『うまい』の一言は私にとって最高の褒め言葉であり、また明日も頑張ろうという気持ちになれます。

『うまい』ってひとこと言うだけなら一秒でできますよね。そんな簡単なことでいいのでぜひ奥さんに感謝の気持ちを持って伝えてみてください。それだけでも乙女心は満たされるものです♡笑

一人の時間を楽しめるから二人の時間も楽しめる

仕事によって生活リズムは様々ですが、同じ家に住んでいるのであれば顔を合わせる機会がとっても多いのが夫婦です。

職場恋愛で結婚した人なら職場でも一緒、家でも一緒、休みも常に一緒というケースもあるでしょう。それでうまくいく夫婦ももちろんいると思いますが、自分の時間も持ちたいと思う人も多いと思います。私の知り合いで『奥さんが常に家にいるからたまに出かけてくるって言われるとすごく嬉しい』と言っている人がいました。

同じ時間を過ごすことも大切ですが、それぞれが自分の時間を楽しむこともとっても大切です。

我が家では基本的に休みは合わせていますが、常に一緒に過ごしているわけではありません。あえて私が仕事を入れたり、泊まりで出かけたりすることもありますし、主人も友達と1日中出かけていて夜遅くに帰ってくることもあります。

実は以前は常に休みの日は一緒にいることが多かったのですが、その時よりも今の方が二人でいる時間を楽しめています。

世の中には『今日は僕が全部やるから君はゆっくりしておいで』と家事も育児も一人で引き受けて奥さんを労ってくれる旦那さんもいます!自分だって疲れているのに奥さんに一人の時間を作ってあげる旦那さん、素敵ですよね^^

そうやってお互いが自分の時間を楽しむことでまた二人で楽しめる余裕も生まれるのだと思います。

まとめ

夫婦円満の秘訣は毎日の生活の中でできることばかりです。ちょっと恥ずかしく感じるようなことでも勇気を出してやってみたら案外すんなり受け入れてもらえたりもします。

もったいないのはできることをやらないでいつまでも望んでいる夫婦になれないこと。相手が行動を起こすのを待つのではなく、自分から動いてあの頃のラブラブを取り戻しましょう!

ただそれは相手のご機嫌をとったり尽くしたりするのとはまた別です。自分も楽しい気持ちでやらないと意味がないので、自分の時間も満喫してリフレッシュした気持ちで接してみてくださいね。

 

こちらの記事もご覧ください。⇒新婚夫婦に離婚の危機。後悔したくないならちょっと待って!