冷たい旦那と寂しい妻。考えられる理由は?〇〇をやめたら優しくなる!?

あの頃はあんなに優しかったのに…なんでこうなってしまったの( ;  ; )?と今の旦那さんの態度に不満を抱いている妻は少なくありません。

付き合いたての頃のようにラブラブに!というのは無理かもしれませんが、何年たっても仲良しでいたいし優しくされたいというのが妻の本音です。

その願望が満たされない妻はとっても寂しい思いをしています。寂しさのあまり浮気をしてしまう人もいます。

仕事が忙しい、ストレスが溜まっているなど旦那さんが冷たい理由はいくつか考えられますが、大きな原因の一つとして妻の言動にがっかりしてしまっていることが考えられます。

私が悪いって言うの!?と聞こえてきそうですが、ここはぐっとこらえてぜひ最後まで読んでみてください^^;

旦那さんが冷たい理由は?

ストレス社会と言われる現代、仕事で疲れ切って帰ってくる旦那さんは多いと思います。

体だけでなく、心も疲れていると、どうしても自分優先になってしまいます。

本当は妻のことを愛しているけど、本当はもっと妻の力になりたいと思うけど、疲れに勝てなくて冷たい態度をとってしまったり、さっさと寝てしまったりする人もいるでしょう。

そうなると妻は『私のこと、もう愛していないのかしら』『もっと話を聞いてほしいのに』と寂しさを感じてしまうかもしれませんね。

ただ、このような疲れやストレスが原因ではなく、妻が原因になっているケースもあります。

釣った魚に餌はやらない

『男は釣った魚に餌はやらない』というのは聞いたことがあると思います。
男性と女性は脳の作りが違います。男性には獲物を追う本能がありますが女性にはありません。
男性は落としたい女性がいればその本能が目覚めてあの手この手で振り向いてもらおうと頑張ります。
しかし、一度手に入れてしまうとその情熱はだんだんと冷めていきます。そのため、付き合った途端、ラインの返信が遅くなるとか、デート中にスマホばかり見てるとか、おしゃれなカフェではなく近所の居酒屋に連れて行くとか、女性から見ると扱いが雑になったように感じてしまいます。
男性の気持ちとしては決して愛情が冷めたわけではないのですが、もう自分のものになったから今までほど頑張らなくてもいいやというのが本音ではないでしょうか^^;
結婚すれば家族になったわけですし、さらなる安心感が夫を奮い立たせないのかもしれません。

妻が変わってしまった

男性の意見で多いのはこれです。
人間誰だって年をとります。体型や肌質も変わるし、仕事や子育てに追われて自分のことは後回しになってしまうこともあります。
女同士ならその苦労はよくわかるはず。
ですがその変化を残念に思っている男性はたくさんいます。『昔はキレイだったのに』『昔はもっとおしゃれに気を配っていたのに』と昔と今を比べて今の姿を否定的に捉えます。
また母親になったことで女性は強くなります。旦那さんに対してもちょっと強い口調で発言をしてしまうことも増えると思います。
そうすると男性は『昔は優しかったのに』と過去の妻の方がよかったと思ってしまいます。
腹立たしいですが、見た目も中身も変わってしまった妻への愛情が薄れ、優しくできないという人がいるのは事実です。
いやいや、お前もハゲたし太っただろ〜って言ってやりたくもなりますね(笑)

子供優先で自分は後回し

子どもの誕生はとても喜ばしいことでしょう。我が子の誕生に泣いて喜ぶ男性もたくさんいますね。
しかし子どもが生まれたことで今までの生活は大きく変わります。
全てにおいて子供優先になり、夫婦が二人でゆっくり過ごす時間というのはほとんどなくなってしまうかもしれません。
そして多くの家庭ではお母さんが赤ちゃんの面倒を見ることが多いので、旦那さんはほったらかしになってしまうことも少なくありません。
『俺のこともかまってよ』と言う人は少ないと思いますが、口にしないだけで妻が自分に目を向けてくれなくなったことに対して寂しく感じている男性は結構多いのです。
妻が自分を後回しにすることで自分も妻に対して不満が募り、そこからすれ違いが生まれることもあります。
ヤキモチと考えれば可愛いものですが、中にはその気持ちがエスカレートして我が子を殺してしまった父親もいます。
たまには旦那さんにも優しい言葉をかけてあげないといけないんですね。

寂しい妻の気持ち

旦那さんの冷たい理由はいろいろ考えられますが、どんな理由であれ、冷たくされた妻は決していい気分ではいられません。

夫婦関係がうまくいっていないとケンカが増えたり、会話が減ったりします。

『1日3時間私の話を聞いてちょうだい!』というのは男性にとっても酷な話だと思いますが、せめて15分くらい顔を合わせてうんうんって話を聞いてほしいですよね。

そんなちょっとの時間さえも失われているから妻は寂しい思いをしてしまうのです。

私の主人も激務の時期は日付が変わるくらいに帰ってくる日が続きました。帰ってきたらさっさとご飯を食べて寝て、また次の日も朝早くから仕事に行く…ゆっくり会話を楽しむ時間はありませんでしたし、疲れ切っている主人はため息が多く、イライラしてるように見えました。

当時はまだ新婚でしたが寂しさのあまり離婚という文字が頭に浮かんだことも何度もありました。

他の人と結婚したらこんな寂しい思いはしなかったのかなとも考えました。⇒女性が浮気をする心理。満たされたいのは体より心!

人間はいいことより悪いことを考える方が得意です。

実は浮気しているんじゃないか、私のことを嫌いになったのではないかなどよくない考えが頭をめぐり、マイナス思考はイライラという形で旦那さんにぶつけられます。

そうすると旦那さんもいい気分ではいられなくなり、旦那さんはますます冷たくなります。

でも大丈夫!気持ちの持ち方を変えれば今からだって夫婦円満になれます♡

接し方を変えれば夫婦円満に♡

男性の意見で多かった『妻が変わってしまった』というもの。できることならスリムな体型をキープしておしゃれなお洋服に身を包みメイクもきちんとしておいた方が旦那さんも喜ぶでしょうが、これはそこまで重要ではありません。

もっと大切なのは接し方です。妻の見た目以上に中身が変わってしまったことでがっかりしている旦那さんは多いので、まずは自分が旦那さんにどのような態度をとっているのか振り返ってみてください。

『少しは手伝ってよ!』『もっと早く帰ってきてよ!』とマイナスの気持ちを込めて発言していませんか?

優しく接しているつもりでも『私も優しくしてるんだからあなたももっと私に優しくしてよ』という気持ちがこもっていませんか?

『もっと〇〇して』という要求は相手をいい気分にするものではありません。

だからまずは旦那さんに期待するのをやめましょう!最初は難しいかもしれませんがやってみると自分も楽でいられることに気づきます。

相手に期待しなければ相手はプレッシャーや窮屈さを感じることもありません。穏やかな気持ちでいると人に対しても優しくできますよね。だから旦那さんのあなたに対する態度が自然と柔らかいものに変わっていきます。

最初は難しいし、イライラしてしまうことも多いと思いますが、自分が穏やかな気持ちをキープできれば状況は好転していきます。

まとめ

結婚して何年たっても優しくされたいというのは女性にとっても男性にとっても当たり前の願望です。

でも慣れや安心感から相手を大切にする気持ちが薄れてしまったり、不満が募ることで相手に対して冷たい態度をとったりしてしまうのが現実です。

旦那さんがあなたに対して優しくできない原因は仕事の疲れやストレスが関係している可能性も十分にありますが、あなたの態度が原因になっている場合もあります。

自分の態度を思い返したとき、旦那さんに対してマイナスな気持ちで接することが多いなと感じた人はそれが旦那さんが冷たい態度をとる理由になっているかもしれません。

冷たくされたら寂しいし自分も冷たくなってしまうものです。でもそれを繰り返していても夫婦関係がよくなることはありませんので、旦那さんにイライラしても『まぁいっか』と気楽な気持ちでいるようにしてみてください。

あなたの気持ちが穏やかになれば旦那さんも自然に優しくなりますよ♡

 

こちらの記事もご覧ください。⇒目指せ!ラブラブ夫婦♡夫婦円満の秘訣はこんなに簡単。