浮気をする心理と浮気中の心の状態。一瞬の幸せって何!?

浮気をする心理には男女で大きな差がありますが、根本的な原因は現状に満足していないからです。

浮気をすることでこの不満が解消され、幸せを感じることができるので、浮気はいけないことだとわかっていてもなかなかやめられないかもしれません。

しかし、浮気をしている間に感じる幸せは一瞬しか保ちません。なぜなら浮気は夢の世界にいるのと同じ状態だからです。

この状態から抜け出すと、人は浮気をしたことを後悔します。

ところが世の中には何度痛い目にあっても浮気をやめられない人もいます。

このような人にはある悲しい過去が隠されているかもしれません。

男女で違う浮気をする心理

男性の多くは浮気相手に対して心のつながりは求めていません。性欲さえ満たせればそれでいいという人も多いです。

これは知人男性が言っていましたが『たとえチョコレートケーキが一番好きだったとしても毎日食べていたら飽きる。そこにショートケーキがあったらつまみ食いしたくなるでしょ?でもチョコレートケーキが一番好きなことに変わりはない。男の浮気はそんなもの』だそうです(笑)

それに対して女性は浮気相手にお手軽さを求めているわけではなく、寂しさを埋めてもらいたい、女として大切にされたいという弱い部分を満たしてくれることを求めています。つまり愛されたいんです。

また、男性が『性行為をする=愛情がある』とはならないのに対し、女性はこの式が当てはまる場合が多いので、好きな相手じゃなければ性行為には応じないし、関係を持った男性は自分に愛情があると信じたいのです。

このような心理から女性は男性より浮気が本気になりやすいと言えます。

男女それぞれの心理についてはこちらをご覧ください。

男性の心理⇒妻とは別れるは大嘘!既婚男性が浮気をする心理とは?
女性の心理⇒女性が浮気をする心理。満たされたいのは体より心!

浮気中の心理状態

男性と女性では浮気をする心理に違いがあると言いましたが、浮気中の心理状態には共通している部分があります。

浮気中というのは性欲が満たされるという点でも刺激を味わえるという点でも、満足できる時間であることは確かです。

男性はたとえ既婚者でも、自分に好意を持ってくれている女性を繋ぎとめておくために、優しい言葉をかけてくれたり女性が嬉しくなるような扱いをしてくれるので心の満足を求めている女性にとっても浮気をしている時間は幸せだと思います。

男性にとっても女性にとっても浮気中は自分の欲求を満たしてくれる魔法のような時間なのです。

ですが、浮気をしていた私の友人は男女ともに『その瞬間は幸せだけど、家に帰ると“何やってるんだろう、自分”ってものすごく虚しくなる』と言っていました。

自分を信じてくれている人を裏切る行為には罪悪感も付きまといますし、日常に満足できないから浮気をしているのに、結局自分の家に帰ればその満足できない日常を目の当たりにするしかありません。

幸せな時間を過ごしたはずなのに、それは一時の満足でしかないという現実が、私の友人を襲ったのだと思います。

さらに、過去に浮気をしていた経験のある人は口を揃えて『あの時の自分はどうかしていた』と言います。

家族や恋人が一番大切なはずなのに、浮気のスリルや一時の満足感に気持ちが燃え上がってしまい、冷静な判断力が失われてしまったんですね。

浮気をきっぱりやめた後、『なんであんな夢中になっていたのか…』と後悔する人が多いようです。

浮気中は精神的に麻痺した状態と言えるでしょう。

病的な浮気性は愛情の餓死状態!?

浮気に対して罪悪感があったり、浮気がバレて悲惨な目にあったなどの理由から心を入れ替えて今後一切浮気をしなくなる人もいます。

ですが、中には何度浮気がバレても、何度もうしないと約束してもどうしても浮気がやめられない人がいます。

私の知ってる浮気常習犯の男性は自分で自分のことを病気だと言っていましたが、本当に病的に浮気を繰り返してしまう人は常に愛情に飢えた状態である可能性があります。

これは幼い頃の環境が影響していることが多く、十分な愛情が得られない幼少期を過ごすと誰かに捨てられることを極端に恐れ、常に人の愛情を感じていたいと思うようになってしまいます。

女性は群がることを好みますが、男性はわりと1人でいても平気な人は多いです。

それなのにやたらと大人数で行動したがったり、1人になることを嫌がる男性は誰かと一緒にいることで安心したいという心理状態であることが多く、このようなタイプは浮気もしやすい傾向にあります。

幼少期に恵まれない環境で育った子供は精神的DVの加害者になりやすく、自分から離れていかないように恋人を恐怖でコントロールしようとします。⇒幼少期の環境が人生を左右する!精神的DVが子供に与える恐ろしい影響。

これは捨てられることへの恐怖心が現れた行動ですが、浮気を繰り返すこともこれと同じように愛情に飢えている証拠と言えるでしょう。

浮気に気づいたらどうする?

浮気をされた時に取るべき行動はいろいろなサイトや本で紹介されていますが、まずは責める前に浮気をした原因を突き止めた方が良いと思います。

男性でも女性でも今のパートナーでは満たせない部分を他の人で補おうとしているので、『最近彼の誘いを断りすぎてなかったかな?』『夫に対して優しい言葉をかけてあげていたかな?』『彼女のこと、ないがしろにしていなかったかな?』など自分の振る舞いを見直してみましょう。

そして、パートナーとの関係を続けたいのであれば浮気を許してあげてください。

もちろん『気にしないでいいよ』と笑顔でいる必要なんてありません。あなたの悲しい気持ちや辛い気持ちは伝えるべきです。

ただ、気をつけて欲しいのが感情的になって怒りをぶちまけないこと。

悪いのは浮気をした側ですが、感情的になるとケンカに発展して『じゃあもういいよ!』と別れに繋がってしまう恐れもありますし、相手も自分が悪いことをしたとは思っているので怒られすぎると『反省しているのに…』と嫌になってしまいます。

なので冷静に気持ちを伝え『だけど許すよ』と愛情があることを伝えましょう。

あなたがどれだけ辛い気持ちでいるかがわかれば、『大切な人をこんなに傷つけていたなんて』と相手も深く反省します。

浮気をしても気づかないふりをするのがいい女だという人もいますが、それってものすごく辛いと思います。

連絡がつかないと浮気相手といるのかな?と不安になるし、一度疑うようになると、悪い考えしか思いつかなくなります。

それではいい関係は築けないと思うので、言いたいことは言うべきだと私は思います。

でも残念なことに、いくら気持ちを伝えても寛大な心で許しても浮気を繰り返す人はいます。

そのような人は一生浮気をする可能性が高いので、本当に一緒にいる価値のある人かどうかよく考えてみてください。

まとめ

浮気をする心理は男女で違いますが、求めているものは同じです。

浮気は日常に刺激を与えてくれるし、枯れた心を潤してくれるかもしれません。

しかしこれは正常な感覚が麻痺した状態だから感じられる幸せであり、浮気で得た幸せはあっという間に消え去ります。

浮気している本人がそれに気づけば、今後浮気の可能性はなくなるかもしれませんが、残念ながら同じことを一生繰り返す人もいます。

そのような人と付き合い続けることは幸せとは言えないと思うので、あまりにもひどい場合には情は捨ててお別れすることも大切です。

 

こちらの記事もご覧ください。⇒モラハラ彼氏と別れられない。その大きな原因は彼を好きだと思う理由にあります!