精神的DVが原因で離婚。慰謝料の相場はいくら?離婚後でも請求することが可能!

離婚をする際にお互いが相手を傷つけてしまったり、性格の不一致が原因である場合は片方だけが悪いわけではないので慰謝料を請求することはしないかもしれません。

しかし、どちらかが一方的に傷つけられたり被害を被った場合はしっかりと慰謝料を請求するべきです。

慰謝料には相場がありますが、その金額は被害の内容や証拠によって変わってきます。

特に精神的DVの被害は第三者には分かりづらい問題であるため、慰謝料をもらうためには証拠集めが重要になります。

そもそも慰謝料とは

慰謝料とは精神的苦痛を与えたものに対する損害賠償のことをいいます。離婚の場合の慰謝料は、離婚の原因となる配偶者の行為(DV、モラハラ、浮気など)によって被害者が受けた精神的苦痛をお金で補うものです。

請求できる慰謝料には2つの種類があります。

【離婚原因慰謝料】
浮気やDVなどによって精神的、肉体的に苦痛を伴った場合に相手に請求するお金のこと。

【離婚自体慰謝料】
離婚することで生活が苦しくなったり、今後の生活に良くない影響を及ぼす場合に請求するお金のこと。

一般に慰謝料と呼ばれるものはこの二つの金額を足したものです。

精神的DVに対して請求できる慰謝料の相場

精神的DVやモラハラが原因で離婚する際の慰謝料は50〜300万円が相場です。

しかし、この金額は被害の内容や相手との婚姻期間、精神的DVを受けていた期間などによって大きく変動します。

また、ひどい苦痛を与えられていても相手の収入が少なければそれに見合った金額しかもらえないし、相手が合意すれば1000万円でも受け取ることができます。

以下の場合は慰謝料が高額になる可能性があります。

・DVの回数が多い
・DVを継続してる期間が長い
・被害者に落ち度がないのにDVが始まる
・被害者が精神的DVによりうつ病になった
・精神的DVで受けた被害の後遺症が重い
・慰謝料を請求する側の資産や年収が少ない
・財産分与の額が低い

慰謝料を請求する際は弁護士に入ってもらうといいでしょう。弁護士に入ってもらったおかげで慰謝料が100万円から300万円に上ったという実例があります。

また、一番最初に請求するときに希望の金額より100万円くらい高く請求しておくと、協議により金額が下がっても希望通りの額をもらいやすくなります。

慰謝料以外にも請求すべきお金

慰謝料以外にも請求できるお金があるので覚えておきましょう。

【財産分与】
結婚している間に増えた共通の財産を離婚するときに分けること。新居、家電、家具など。
しかし家のローンなどがある時はそれも分けなくてはいけない場合があるので注意!

【養育費】
子供を育てるために必要なお金のこと。未成年の子供がいる場合に親権者が請求できる。
養育費の支払義務は,養育費を払う側が保持するのと同じ程度の生活を子供にも保持させる義務のことで、最低限の生活ができるためのお金を払うことではない。

【婚姻費用】
夫婦が結婚生活を続けていくためのお金のこと。離婚前に別居をしていた場合に収入が少ない側が多い側に対してお金を請求できる。

離婚後3年以内は慰謝料の請求ができる

どちらか一方に離婚の原因がある場合、離婚後3年以内なら慰謝料を請求することができます。

ひどい暴力が原因で一刻も早く離婚したいという状況で慰謝料を請求しなかった場合などでも後から請求できるので安心です。

離婚後に慰謝料を請求する場合は、まずは相手と話し合います。

話し合いが困難な場合や、話し合いで解決できないと判断した場合は早めに調停、裁判に移りましょう。

離婚前でも離婚後でも証拠はとても重要になります。離婚できたからといって集めた証拠を処分してしまうと配偶者からの精神的DVを証明できなくなってしまうので、慰謝料をもらえるまでは手元に残しておくといいでしょう。

慰謝料を支払うべき理由が証明できれば裁判所から加害者に支払いの命令が出されます。

その際に判決書も作られるので、加害者が慰謝料の支払いを怠った場合に財産の差し押さえができます。

ただ、気をつけたいのは、離婚後の請求は離婚前に請求するより金額が下がってしまう可能性があるということと、離婚の際に『離婚後はお互いにお金を請求しない』『離婚に対する債権債務が一切ないことをお互いが確認している』などの約束をしている場合、慰謝料は請求できなくなるので注意が必要です。

まとめ

慰謝料は被害者が受けた精神的苦痛に対して支払われるものですが、どんなに高額な慰謝料をもらってもその傷が治るわけではありません。

精神的DVが原因で病気になってしまったり、その後の社会生活が困難になってしまった人もいます。

これらはお金で解決する問題ではありませんが、償ってもらうという意味でもきちんと請求するべきです。

慰謝料には原因によってそれぞれ相場があり、被害の内容や相手の年収などによって変動はありますが、精神的DVの場合は50万〜300万が相場と言われています。

離婚後に請求する場合は多少金額は低くなる可能性がありますが、相手に原因があるということが証明できればそれなりの額をもらうことができるので、離婚したからもう無理とあきらめずに訴訟を起こしましょう。

 

こちらの記事もご覧下さい⇒離婚理由の上位に入る精神的DV。証拠を集めて慰謝料を請求しよう!