旦那の言葉のDVが原因で離婚する場合、慰謝料はどれくらい?

言葉のDVは体に跡が残らないために離婚に踏み切れない人が多くいます。

しかし、そのまま我慢をしていれば必ず限界が訪れます。

言葉のDVが原因で離婚する場合、旦那さんがどんな発言や態度をとったかなどの証拠が必要になります。

また、証拠によっては慰謝料も請求できるので離婚を申し出る前に準備しておくといいでしょう。

言葉のDVで離婚は出来る?

DVに関する法律の中では、身体的暴力だけでなく、言葉のDVにあたる『生命身体への脅迫行為』についても保護命令の対象としています。

DVというと殴る、蹴るなどの身体的暴力ばかりに目を向けてしまいがちですが、罵ったり、無視したり、人格否定をするのもDVに該当します。

しかし、言葉のDVは目に見えない行為のため、離婚理由として立証するにはかなりのエネルギーが必要です。

もし可能であれば、まずは別居をしてみるのがオススメです。

離れて暮らしてもなおメールや電話で嫌がらせや言葉のDVが続くようであれば立派な離婚理由として認められます。

離婚するための証拠を集める

モラハラをする人の特徴の一つに『外面がいい』というのがあります。

モラハラは2人きりの空間で起こるため、被害者が旦那さんから言葉のDVを受けていると第三者に話しても『彼がそんなことするわけない』と分かってもらえないことも少なくありません。

ただでさえ離婚するにはエネルギーが必要なのに誰にも分かってもらえないからとここで諦めてしまったら離婚は出来ません。

離婚するためには第三者に分かってもらうための証拠が必要です。証拠はどんな時も絶対にあなたを裏切りません!

証拠として認めてもらう方法はいくつかあります。

毎日日記をつける

日記は最も重要な証拠になるので、できるだけ細かく書きましょう。

旦那さんが発した暴言や威圧的な態度などはもちろん、自分がどれだけ辛かったか、こんなことを言われてどれだけ傷ついたか、離婚したい強い気持ちなどを詳しく書きます。

ポイントは日付・時間・出来事・心情の4つの項目を抜け目なく書くこと。これでより信憑性が増して、十分な証拠として認められるでしょう。

また、この日記は言葉のDVを受けた日に記録しておくことはもちろんですが、それ以外の平穏な日々のことも書いておきましょう。

そうすることで継続的にモラハラを受けていることが周りに伝わりやすくなります。

会話を録音する

言葉のDVで動かぬ証拠となるのはやはり旦那自身が発した暴言を第三者に聞かせることです。

旦那さんも自分の声であれば言葉のDVを認めざるを得ません。

しかし、喧嘩の最中にスマホやレコーダーを操作して録音するのはとても危険です。

もし録音してることがバレてしまったら今まで以上に辛い仕打ちが待っているかもしれませんし、警戒した旦那さんが証拠が残らないようなさらに悪質な方法で攻撃してくるかもしれません。

1番良いのは旦那さんが立ち入らないスペースにレコーダーを設置する方法です。

全く料理をしない旦那さんであればキッチン周りにセットしたり、掃除や片付けをしない人であればリビングに飾っているインテリアや鉢植えの影などでもいいでしょう。

まずは旦那さんの視界に入らない場所を探しましょう。

レコーダーは24時間録音できるものや小型化されているものなど様々な種類があり、ネットでも買うことができるので是非利用してみてください。

DVの証拠を撮影する

身体的な暴力を振るわれた場合はその傷跡を写真に撮っておきましょう。

いつ受けた暴力なのか分かるように日付も記録しておくことと、できるなら病院に行ってお医者さんに診てもらいましょう。

その時に旦那さんのDVの事を伝えれば機転を利かせて診断書を出してくれる場合があります。

また、直接的な被害がなくても物に当たられる場合があります。

私はこのパターンで、怒った彼に友達から誕生日にもらったコップを力任せに割られました。

他にも壁に穴を開けられたり、蹴り飛ばしたドアが外れてしまったという例もあるので、そういう場合も証拠として写真に残しておくといいでしょう。

悩んでいる形跡を残す

外面がいい旦那さんの場合は周りに話しても信じてもらえない場合もありますが、専門的な機関ならきちんと話を聞いてくれます。

カウンセリングに通ったり、市役所の相談窓口、その他サポートしてくれる機関を利用して自分がここに相談に来たという記録を残してもらいます。

何度も通ったという記録があれば、離婚する際に、自分がどれだけ悩んでいるか、どれだけ強く離婚したいと思っているかが周りに伝わりやすくなります。

また、もっと手短な方法としてメールやライン、手紙で相談するという方法があります。

直接会ったり電話で相談するのではなく、文章にして相談することで後々重要な証拠として役立ってくれるはずです。

もらえる慰謝料の相場

このように証拠があれば言葉のDVで離婚することも可能ですし、証拠の内容によっては慰謝料を請求することもできます。

その場合、お互いの話し合いがつくならば金額は自由に設定できます。

ただ、実際には裁判例を参考にした相場というものが存在していて、裁判例では以下の事柄を検討して金額を出しています。

・離婚原因の中に浮気や暴力などの不当な行為があるか
・その不当な行為が離婚に至った主な原因であるのか
・当事者の性別や年齢
・結婚していた期間や同居や別居をしていた期間
・離婚による経済的不利益をどの程度受けるか
・子供の有無や何人いるか

このようなことを踏まえて相場が作られています。

身体的DV、精神的DVが原因で離婚する場合の慰謝料の相場は50〜500万円と言われています。

しかしこれは、上記にもあるように結婚していた期間や、DVをどれくらい受けていたか、DVでできたケガの程度や後遺症によって金額も変わってきます。

私は言葉のDVを含むモラハラで離婚の経験がありますが、結婚期間は1年未満だったので取れても30万程度だと弁護士さんに言われました。

慰謝料がもらえても裁判で弁護士さんをつけると50万くらいかかるのでマイナスになる場合もあります。

また、こちらがいくら高額な慰謝料を請求しても旦那さんに支払えるだけの経済的余裕がないと認められない場合もあります。

まとめ

証拠があれば言葉のDVを理由に離婚することは可能です。

証拠の内容によっては十分な慰謝料をもらえる可能性もあるので、離婚を考える場合はまずは証拠を集めましょう。

旦那さんからの暴言やひどい態度は細かく記録しておく、自分が悩んでいる足跡を残しておく、音声を録音するなど、言葉のDVは目には見えないため自分でやらなくてはいけないことも多いですが、集めた証拠は必ず自分を守ってくれるのでコツコツと頑張りましょう。

 

こちらもご覧ください⇒言葉のDVは犯罪になる可能性あり!訴えるための証拠を集めよう