嘘だったの!?バツイチの人が語る離婚理由が真実とは限らない。

自分が好きになった相手がバツイチだったらなぜ離婚したのか気になりますよね。

もし、好きな人側に問題があったのだとすればその人との交際を考え直さないといけません。

離婚理由を聞くのは失礼かな?とためらう人もいますが、自分が幸せになるためにはきちんと聞いておきましょう。

しかし、中には自分に離婚の原因があったにもかかわらず、元配偶者を悪者にした嘘の離婚理由を言う人がいます。

それを見抜くことができないとあなたと再婚したとしてもまた同じ過ちを犯し、あなたが苦労する羽目になってしまいます。

バツイチの相手と結婚する時に確かめるポイント

バツイチと聞くと離婚理由ばかりが気になりますが、バツイチの相手と結婚する前に確かめておいたほうがいいことは他にもあります。

元配偶者と結婚した理由

もしかすると最初の結婚は勢いや流れだったのかもしれません。
出会い系サイトが悪いわけではありませんが、真剣な交際を望んでいる人ばかりが利用しているわけではありません。
中には体の関係を求めて登録している人もいます。
もし、あなたが好きになった相手が性欲を満たすために出会い系サイトを利用していて、そこで出会った人との間に子供ができたから流れで結婚したと言われたら嫌ですよね?

若い頃に恋は盲目状態で周りの反対を押し切って結婚した場合もあります。
そこからもう何年も立っていて精神的に成長したなら結婚しても問題ないでしょうが、出会ってすぐに結婚したいと言うようであれば相手はまた突っ走っているだけかもしれません。⇒遊びたいから離婚!?若い夫婦の幼稚な離婚理由。結婚前に冷静に考えることとは?

離婚理由

ここは誰もが気になるところです。自分の幸せのためには絶対に聞くべきですが、離婚理由によっては人に話したくないという場合もあるでしょう。
元夫が犯罪を犯して逮捕された、元妻が自分の弟と浮気したなど聞いた方もちょっと引いてしまうような内容はすぐには教えてくれないかもしれません。
しかし、相手があなたとの結婚を真剣に考えている場合は関係を深めていくうちにだんだんと話してくれるはずなので『なんで教えてくれないの!?』『いつになったら教えてくれるの!?』と責めるのはやめましょう。

もし『俺が浮気してさ〜』『私がお金使いすぎちゃって〜』など自分に離婚の原因があってそれを軽いノリで話してくる場合は反省していない可能性が高いので高確率でまた同じことを繰り返すでしょう。

元配偶者に対する気持ち

これは今でも相手を好きかどうかではなく、相手のことをどのように思っていたかということです。
別に好きじゃなくても元彼や元カノの話をやたらとしてくる人っていますよね。
『元カノは料理が上手でなんでも作れた』とか『元彼はデートのたびにサプライズをしてくれた』とか正直聞きたくないですし、別れた相手のことをあまりに褒める場合はあなたと結婚しても比べられてしまう可能性があります。
逆に別れた相手の悪口ばかり言う人は、あなたとケンカした時など、周りにあなたの悪口を言いふらす可能性もあるのでちょっとクセのある人かもしれません。

子供の有無、養育費

別れた相手との間に子供がいるかどうかです。もしいる場合はどれくらいの頻度で会っているのか、その際は元配偶者も一緒なのかなど確認しましょう。
あなたと結婚してもその子の親であることに変わりはないので、もう会わないでと強制することはできません。
あなた自身にそれを受け入れる寛大な心がないとうまくいかないと思います。

また、未成年の子供がいる場合は養育費を払っているはずです。やはり再婚してもその義務は変わらないので、子供が自立するまで払い続けます。
結婚すると妻がお金の管理をする家庭も多いと思います。もしあなたが再婚相手の子供の養育費なんて出したくないと思うなら、その相手との再婚はやめた方がいいでしょう。

金銭的な問題

これはバツイチだろうが初婚だろうが関係ないと思いますが、結婚して生活できるだけのお金があることは重要です。
結婚してから借金が発覚したという話も珍しくないので、手遅れにならないように気をつけましょう。
借金はなかったとしても、金遣いが荒かったり、異常なくらいケチだったりすると金銭感覚の違いから夫婦関係に亀裂が入る可能性があります。
デートの時はお金の使い方もチェックしておきましょう。

再婚する気があるか

もしかすると相手は一度離婚したことで『もう結婚はこりごりだ』と思っているかもしれません。
その場合、あなたとどんなにいい関係を築いても、あなたがどんなに結婚したいと思っても断られてしまう可能性があります。
実際に私の周りにも『彼女はほいいけど結婚はしたくない』と言う人もいますし、もう何年も同棲しているのに籍を入れないカップルもいます。
あなたがそれでもこの人と一緒にいたいと思うなら交際を続けてもいいと思いますが、結婚という形を望むのであれば違う人を探した方がいいかもしれません。

その離婚理由は真実か?

さて、無事に離婚理由を聞くことができ、相手に問題がなさそうだということがわかりました。一安心ですね!

しかし、残念ながらその離婚理由、もしかすると嘘かもしれません。

誰だってそうだと思いますが、人は自分にとって都合の悪いことは隠そうとしてしまいます。

本当は自分が浮気をしたのに『元妻が浮気相手との子供を妊娠した』
本当は自分がギャンブルでお金を使い果たしたのに『元夫が勝手に多額の借金をした』
本当は自分が妻をDVで追い詰めたのに『妻は何もしないから俺が家事を全部やっていた』

このようなを平気でつく人がいます。

私の離婚理由は主に元夫からの精神的DVですが、元夫は『あいつは何もしないから俺が掃除もするし、ご飯も自分で用意していた』と私に離婚の原因があるように周りに言っていので、おそらく新しい彼女にも同じように言っていると思います。

もし、浮気やギャンブル、DVが原因で離婚した場合、相手は再婚しても同じことを繰り返す可能性は非常に高いです。

特にDV加害者は自分のことをよく見せるのが上手で、周りから見たら理想の彼氏(彼女)です。

でも実際はあなたを精神的に追い詰め自分の支配下におこうとする極悪な王様です。

これに気づけないとあなたは結婚したことで不幸になってしまうので、あまりにオーバーな話や相手ばかりに非があるような離婚理由は疑った方がいいかもしれません。⇒その恋愛、精神的DVの始まりかも!?見極めるポイントはこの3つ!

普段の生活で嘘がバレる

いくら相手が嘘の離婚理由を言っても、普段の生活を見ていると『あれ?なんかおかしいな?』と気づくことがあると思います。

浪費癖のある人なら大して欲しくないものでも『安いから』と言う理由で買い込んだり、高価なものは手持ちがないからとなんのためらいもなくカードで買ってしまったり、絶対に勝つからとギャンブルに大金をつぎ込んだり、『必ず返すから少し貸して』とあなたのお金を当てにするようになるかもしれません。

もし相手があなたに『別れた妻が借金をしたから離婚した』と伝えていたとしても彼の行動を見ていたらそうではなかったと気づきますよね。

また浮気を繰り返す人は独身だろうが既婚者だろうが関係ありません。結婚前提であなたと交際していても浮気を止めることはないでしょう。

離婚したのは元妻の浮気が原因と言っていたにもかかわらず、彼に浮気の兆候がある場合は『逆かもしれない』と疑いましょう。

精神的DVをする人は最初は優しいですが、あなたが自分に逆らわない相手だと分かるとその本性を発揮します。

上から目線でものを言う、人のせいにする、無視をするなどの行為が頻繁に行われる場合は精神的DVの加害者である可能性が高いので一刻も早く別れましょう。⇒モラハラ彼氏には特徴があります。ささいな言動も見逃さないで!

人はどんなに上手に繕っても、ふとした瞬間に本性が垣間見えるものです。

特にバツイチの人はその人の本性が原因で離婚に至っている可能性が高いので、離婚理由を聞いても100%信じるのは危険です。

もちろんバツイチの人全員が嘘を言っているわけではありません。最初からあなたに真実を打ち明けてくれている可能性も十分にあります。

そういう人は普段の生活を見ていても違和感を感じることはないと思うので信頼できる相手でしょう。

まとめ

離婚というのはデリケートな話題なのであまりガツガツ人に聞くことではないと思いますが、もしあなたが離婚経験のある人と結婚したいと思っているなら離婚理由はきちんと確かめましょう。

しかし、自分に離婚の原因があった場合、相手はそれを隠し、あなたに嘘の離婚理由を言っている可能性があります。

すぐに見破ることはできませんが、一緒に生活していくうちに明らかになる真実は多いので、あまり急がず十分に相手を見極めてくださいね。

また、バツイチの人と結婚する前に確かめなくてはいけないのは離婚理由だけではありません。

子供がいた場合の面会交流の頻度、養育費の金額などは再婚すればあなたの問題にもなることなのでしっかり確認しておくといいでしょう。

こちらの記事もご覧ください。⇒ビッグダディはバツ7!!離婚理由はそれぞれだけど根本的な原因はただ一つ。

 

2人の関係に悩んだ時は占いもオススメです!

電話占い カリス 提供:ティファレト

自分ではなかなか見抜けない真実も占いなら見抜けるかも!?
私は思い悩んだ時に気分転換に占いを利用しています。ネットほど軽くなく、対面ほど重くないので気軽に本格的な占いできます。カリスは新規登録(無料)で2400円分のポイントがもらえ、約10分間の無料相談ができるのでお試しにはぴったりです。