夫の借金が発覚!離婚理由になる?大切なのは金額より借金をした理由。

数ある離婚理由の中でもお金が原因で離婚に至る夫婦はたくさんいます。

特に配偶者の借金が原因で生活が苦しくなった、借金をした配偶者への信頼をなくしたなど借金に関係することが大きな影響を与えています。

借金というと悪いもののように聞こえるかもしれませんが、それは借金をした理由やその金額によっても変わってきます。

これは借金が離婚理由として認められるかどうかにも関わってくる大切な要素です。

また借金が原因で離婚した際、慰謝料がもらえるのかどうか。それは相手の経済力にかかっています。

離婚理由になる借金 ならない借金

借金が離婚理由として認められるかどうかは、借金ができてしまった理由によります。

・夫がギャンブルにハマって散財した挙句、借金までしてギャンブルを止めようとしない。
・キャバクラにハマってお気に入りの女の子に貢ぐために借金をした。
・妻が買い物ばかりしていつの間にかカードローンが膨れ上がって返済できなくなった。

配偶者がギャンブルをすることも、キャバクラに行くことも、カードで買い物をすることも決して悪いことではありませんが、この時に使ったお金は家族のためではなく、自分のためだけに使ったお金であり、生活が苦しくなる原因になっています。

また、この行いによりもう片方の配偶者は精神的な苦痛を味わっています。

このような場合は借金が【夫婦生活が破綻するに至った原因】になるので離婚理由として認められます。

離婚理由として認められない借金とは夫婦、家族の共通の物のためにした借金です。

例えば家のローン。理想の家を建てるために5000万の借金をしました。

この借金により生活が苦しくなったとしてもこの家は家族や夫婦の共通の財産として購入されたもので、配偶者が自分のためだけに使い込んだお金ではありません。

そのため、この借金が嫌だから離婚したいと言っても認めてもらうことができません。

金額より理由を重視する

借金が夫婦生活を破綻させる原因になった場合は離婚理由になりますが、その金額が法律で定められているわけではありません。

夫が事業に失敗して2000万円の借金をしたけど、夫を支えていこうと決心し一緒に借金返済している妻もいます。

夫が相談なしに金融会社から10万円借りたことを知り、離婚したいと思っている妻もいます。

許せる金額は人によって違いますが、やはりここでも重要なのは「何のために借金をしたか」ということです。

事業に失敗したからという理由であっても、失敗するまでの夫の努力を見ていた妻なら夫を責めたり恨んだりすることは少ないと思います。

一方、借金の金額が小さかったとしても、その借金がゲームの課金のためであったり自分の趣味のためであったら妻はとてもショックを受けるでしょうし、自分に内緒で借金をされていたなら怒りがこみ上げてきて当然です。

借金が発覚したら、金額よりも理由を重視して、今後も付き合い続けていける相手かどうかを見極めた方がいいと思います。

10万円の借金だって10回すれば100万円です。そんなお金の使い方をする人はおそらく一生借金をし続けると思います。

借金が発覚した時にするべきこと

もし配偶者に借金があることが分かったら冷静に対応しましょう。(借金をしたのが夫だとします)

1、金額や借入先を知る
夫がいつどこからいくら借金をして今現在いくら返したのか、残りの金額はいくらでいつまでに返さなくてはいけないのかなど妻も把握しておきましょう。
妻も把握しておくことで借金返済の計画を立てたり、また夫が借金をしそうになった時に阻止することができます。
この時に『いくらあるのよ!?』と激怒すると夫は妻を恐れて本当の金額が言えないかもしれません。
ブチ切れたくなる気持ちも分かりますが、夫が本当の金額を言えるようにグッと堪えてください。

2、理由を知る
借金をした理由は重要です。お金は今後の夫婦生活を見直すために欠かせない要素です。
借金の理由がギャンブルやキャバクラであった場合は、借金の問題以外にも夫婦生活を続けていく上で考えなくてはいけないことがありますよね。
あまりに酷い場合は今後改善される見込みは薄いので早めに離婚を考えた方がいいと思います。
金額と同様、後ろめたい気持ちがあると本当の理由を言わない可能性があるので上手に聞き出しましょう。

3、借金の事実を両親、義両親に伝える
誰だって自分の情けない実態を両親や配偶者の親に知られるのは恥ずかしいし『なんとかしなきゃ!』って焦りますよね。
夫の借金が情けない理由であるのならみんなに報告して夫を注意してもらいましょう。
しかし中には借金を肩代わりしてくれたり、お金を貸してくれたりする親もいます。
それでは夫はこれからも借金をしたり人に頼るようになるので借金に関して危機感を持つことができません。
優しすぎる親には事前に『絶対に助けないで』と伝えておくといいでしょう。

4、自分のお金を守る
お金に困った夫が妻のお金にまで手を出したというのはよくある話です。
離婚をすることになった時、妻だってそれなりのお金が必要になりますし、妻のお金が引き出せるとわかれば夫はこれからも妻のお金を盗むようになります。
自分のためにも夫のためにも妻は夫が引き出せないように自分のお金を確保しておいてください。

5、情に流されない
3と同じです。妻が『かわいそうだから』と夫の借金を肩代わりしたり、お金を貸してあげたりすると夫は『借金をしても許される』『借金をしても妻がなんとかしてくれる』と妻を当てにしてこれからも借金を繰り返します。
夫を借金地獄から救うためには自分で苦労して返済させるしかありません。
心を鬼にして突き放しましょう。

借金が原因で離婚した時の慰謝料

借金が原因で夫婦生活が破綻した時の慰謝料は、相手に慰謝料を支払えるだけの能力があれば請求することができます。

しかし慰謝料というのは相手の収入や財産などによって決定されるため、妻が望んでる金額がもらえることは少ないです。

特に借金がある場合は夫もお金に困っているということなので、慰謝料がもらえたとしても大した金額にはならない可能性が高いです。

また、裁判で夫に慰謝料を支払えるだけの能力がないと判断されれば慰謝料を請求することはできません。

夫が自己破産した場合でも借金が全てなくなるので、債務としての慰謝料も同時に全てなくなります。

ただ、結婚後3年間なら慰謝料の請求ができるという決まりがあります。

夫が3年間の間に借金を返済して、プラスになるほどの生活を送れているかは分かりませんが、もしかすると慰謝料を払えるだけの経済力があるかもしれません。

実際に借金が原因で離婚して、後から慰謝料をもらったという人の話は聞いたことはありませんが、可能性はゼロではないと思うので、もし離婚後3年以内に夫の経済力に変化があった場合は請求してみるといいと思います。

まとめ

借金には許せる借金と許せない借金があります。

それを決定するのは借金の金額ではなく、借金をした理由にあると思います。

配偶者の借金が自分のためのものであったり、浮気相手に貢ぐためのものであったら絶対に許せないですよね。

その場合、あなたは配偶者の借金によって精神的苦痛を与えられ、尚且つ、配偶者の行いが夫婦生活を破綻させる原因になっているので離婚理由として認められます。

しかし、いくら離婚の原因が相手にあったとしても、お金を持っていない人から慰謝料をもらうことはできません。

そのため借金を抱えた配偶者に慰謝料を請求することは難しいと言えます。

 

こちらの記事もご覧下さい。⇒お金に関する離婚理由。お金がないから離婚したいはあり?