別れさせトラップってどうやるの?嘘の離婚理由を作るのは犯罪!

せっかく大好きな相手と結婚しても、だんだん上手くいかなくなり離婚する夫婦がたくさんいます。

浮気や暴力など明らかな離婚理由がある場合もあれば、これといった理由はないけどもう無理だと感じている場合もあります。

離婚は夫婦の合意があって成立するものであり、どちらかが拒否している場合はなかなかスムーズな解決は望めません。

協議離婚が成立しなかった場合は調停や裁判に進みますが、別れさせトラップを仕掛けて離婚を成立させることもできます。

世の中には面白い仕事がたくさんあるもので、別れさせ屋や復縁屋など、恋愛のお手伝いをしてくれるプロがいるんです!

別れさせ屋とは

別れさせ屋という名前を聞いたことはありますか?

その道のプロが別れたい相手とスムーズに別れられるように手助けをしてくれる仕事です。

別れさせるといってもいろいろなパターンがあります。

自分が離婚したいと思っているけど配偶者が離婚に応じてくれない場合や配偶者が浮気をしていてその浮気相手と別れさせたい場合、自分が既婚者と付き合っていて恋人とその配偶者を離婚させたい場合など。

もちろんあなたが別れさせ屋に依頼したことがターゲットにバレることはありません。

別れさせ屋は自然にターゲットに近づき、別れられない原因を探って離婚に前向きになるように促してくれたり、ハニートラップを仕掛けて愛人と別れさせてくれるなど、別れさせ方にも様々な方法があります。

人を騙して別れさせていいの?と思うかもしれませんが、別れさせ屋に違法性はなく、実際に別れさせ屋のおかげで幸せを手に入れた人はたくさんいるようです。

ただ、中には悪徳な業者もいるようで、お金を払ったら連絡がつかなくなった、違法な方法で別れさせたなどのトラブルも多く発生しています。

依頼するときは実績や評判などしっかりチェックしましょう。

別れさせトラップの内容

浮気している夫と愛人を別れさせたい場合(依頼者:妻)

ある日、夫の前に夫好みのAさん(別れさせ屋)が現れ、夫と親しい関係になります。

夫は愛人と関係を続けながらAさんとも交際しています。

Aさんとは別の工作員がAさんと夫がホテルに入っていくところを写真や動画に証拠として残しておきます。

そして夫と愛人が一緒にいるところにその証拠を持った男性工作員が現れ『俺の女に手出しやがって!』と愛人に夫とAさんが交際していることを暴露します。

自分以外にも交際している相手がいると知った愛人が怒って夫と別れます。

その後、Aさんはなんだかんだ理由をつけて夫と距離を置いていき、最終的に別れるので夫は妻の元に帰るという流れです。

不倫相手と別れさせる場合はこのようなハニートラップが多いようです。

夫が離婚したがっているのに妻が応じてくれない場合(依頼者:夫)

このようなときはなぜ妻が離婚に応じてくれないのかを知ることが必要です。

おそらく夫婦での話し合いでそれが分かれば別れさせトラップなんて必要ないのでしょうが、夫婦だけでの話し合いは感情的になりやすく、お互いの意見がなかなか伝わりにくいので間に入ってくれる誰かの存在が大切です。

その時に活躍してくれるのが別れさせ屋です。

別れさせ屋は妻に自然に近づき信頼関係を築きます。

深い話をする仲になれれば夫婦仲や離婚について自分の素直な気持ちを打ち明けてくれます。

夫を愛しているから別れたくない、慰謝料に納得できない、今後の生活が心配など、妻の不安要素を探り、友人としてそれにあった助言をしてくれます。

誰かに背中を押されて前に踏み出せることってありますよね?

妻にとって別れさせ屋がその『誰か』になるのです。

別れさせトラップと聞くとあまりいいイメージを持たない人も多いかもしれませんが、このように心理的に働きかけてくれるなら安心ですね^^

料金の相場

別れさせ屋では主に着手金と成功報酬が発生します。

別れさせ屋のホームページを見ると1か月30万〜という会社が多いようですが、1か月で解決させるのはそんなに簡単なことではないと思います。

人の心を動かすのですから半年〜1年以上かかることも珍しくありません。

時間がかかればその分費用も加算されます。

会社や難易度によってかなりの幅がありますが、着手金は安くて30万、成功報酬は20万というところもあれば、着手金が60万〜、成功報酬は100万円を超えるところまであります。

料金が高くなればその分手厚いサポートが受けられたり、成功率も高くなるようですが、悪徳業者の可能性もありますので注意してください。

また、会社によっては無料相談を行っているところもあります。

離婚したいけどどうしたらいいか分からない、不倫相手と別れさせたいけどやり方が分からないという場合は一度相談してみるといいかもしれませんね。

そこまでする価値がある?

性格の不一致などで自分が別れたいのに相手が拒否している場合は、別れさせトラップを仕掛けて離婚するのもいいのではないかと思いますが、不倫相手と奥さんを別れさせたい、自分が浮気相手と一緒になるために離婚したいなどの場合はトラップを仕掛ける前に冷静になるべきだと思います。

『妻とは上手くいっていない。離婚する予定だ。本当に愛しているのは君だけだ』と言って妻以外の女性と不倫している男性の話はよく耳にします。

あなたがその浮気相手の立場だったらきっとその言葉を信じてしまうでしょう。

既婚者でも好きな人に変わりはないのですからそんなことを言われたら『いつか私のところに来てくれる』と期待しますよね。

しかし実際は夫婦円満で休日は家族でお出かけ、妻のお腹には新しい命が宿り、離婚する気なんて最初からこれっぽちもない男性がたくさんいます。

都合のいい存在を手放すのが惜しいから自分から離れていかないようにコントロールしているのです。

別れさせトラップを仕掛ければ奥さんと離婚するかもしれません。ですが、結局は妻以外の人に平気で嘘をついて性欲を満たそうとする人です。

例えあなたと堂々と交際できるようになったとしても同じ罪を犯す確率が高いです。

そんな人のために100万円もの大金を払う価値がありますか?

また、他に好きな人ができたから離婚したいという場合、夫婦関係を続けていくのは難しいと思うので離婚を考えることももちろん必要ですが、今は気持ちが舞い上がっているだけで離婚後に後悔する可能性も十分にあります。⇒他に好きな人ができたという離婚理由。慰謝料の相場と離婚のリスクは?

誰かを傷つけて得た幸せがずっと続くとは限りません。

行動に移すときは自分がやろうとしていることの重大さを冷静に考えましょう。

まとめ

別れさせトラップは別れさせ屋に頼まなくてもターゲットが知らないあなたの友人に協力してもらえば仕掛けることができます。

ですが、その時に嘘の離婚理由を作るようなことはしてはいけません。

浮気なんてしていないのにわざと女性と二人きりにして浮気の証拠写真を残したり、暴力なんて振るわれていないのにわざとアザを作って殴られたというような嘘をつけばそれはあなたの罪になります。

ですので、やはりプロに頼むのが安心です。

プロに頼む時は高額な費用が必要になります。

『お金を払って解決できるのなら』と勢いで依頼すると離婚した後に後悔する可能性もあるので、依頼する時は本当に後悔しないのかをよく考え、一度無料相談を利用してみましょう。

 

こちらの記事もご覧ください。⇒その離婚理由で大丈夫?離婚を有利にする方法。