2年経ったら行動開始!?裁判で重視される別居期間と認められる離婚理由。

どんな理由でも、夫婦が納得しているのであれば離婚することができます。

また、どちらかが拒否していたとしても、浮気や暴力など明らかに離婚の原因がある場合は、それを証明できれば離婚を成立させることはそこまで難しいことではありません。

しかし、離婚理由が曖昧だったり弱い場合には離婚を成立させるための別居期間が必要になります。

この別居期間というのは、弁護士さんによって回答が異なりますが、平均すると3年間は必要なようです。

離婚を考えてる方にとっては『3年も!?』とガッカリされるかもしれませんが、別居期間の他にも重視される点はいくつもあるので、内容によっては2年かからず離婚できた人、5年以上かかったという人もいます。

別居期間が必要な離婚理由

1、配偶者に不貞な行為があったとき。
2、配偶者から悪意で遺棄されたとき。
3、配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
4、配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
5、その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

これは法律で定められている離婚理由です。

1〜4の離婚理由に関しては、夫婦の間で離婚に至るほどの出来事があったのは明らかです。

それに比べて5の離婚理由は具体的にどのようなことを指しているのか明確には書かれていません。

実は離婚理由で一番多い『性格の不一致』というのはこの5番に当てはまります。

性格の不一致の中には価値観が合わないということ以外にも『嫌いになった』『他に好きな人ができた』『生理的に受け付けない』など1〜4に当てはまらない様々な理由が含まれます。(離婚理由として成立するかは内容によって異なります)

結婚生活が継続できないほどの性格の不一致というのは、夫婦にとっては耐えがたい何かがあるのかもしれませんが、他人からしたらそれほど大したことではない場合があります。

夫婦のどちらかが離婚に反対している場合、夫婦関係がが破綻していることが認められないと、どんなに一方が離婚したいと訴えても離婚理由として認められません。

そういう時に必要なのが別居です。

普通、同居できる環境、関係にもかかわらずわざわざ別居するということはないですよね。

別居するということは夫婦仲がよくないということです。

この別居期間を設けることで夫婦関係が破綻しているという証明になり、裁判の時に重視されます。

別居期間が2年経ったら行動開始!

離婚裁判は原告が家庭裁判所に訴状を提出するところから始まり、口頭弁論や事実確認など、判決に至るまでに様々な過程があります。

口頭弁論というのはお互いに自分の言い分を主張する機会のことで、訴状の提出から約1ヶ月後に行われ、その後は月に1回のペースで進められます。

離婚することになった原因の証明となる証拠の提出もこの時にします。

この流れで進むと、離婚裁判にかかる期間は早い人で半年、長い人だと3年、平均は1〜2年だと言われています。

最初に『離婚するのに必要な別居期間は3年以上』と言いましたが、これは判決が下る時に3年経過していればいいそうなので、別居期間が2年を過ぎたら裁判の準備を始めると丁度いいかもしれません。

しかし、これは誰にでも当てはまることではなく、離婚の原因や夫婦関係にもよって大きく左右するので、信頼できる弁護士さんに相談しながら進めてください。

また、裁判の前には離婚調停をしなくてはいけないという決まりがあり、離婚調停で離婚が成立しなかった場合に裁判に発展します。

調停に必要な期間は半年から1年が平均なので、まだ調停をしていないという方は裁判の前に調停の準備をしましょう。⇒調停で大切のなのは離婚理由。納得してもらうためのポイントとかかる費用。

別居期間の間の夫婦の関係性も重要

なるべく早く離婚を成立させるには別居中の夫婦関係も重要になります。

別居期間が必要なのは夫婦関係が破綻していることの証明になるからです。

この別居期間中に定期的に連絡を取り合っていたり毎月生活費の受け渡しがあったりすると夫婦関係が破綻しているとは言い切れなくなります。

自分がどんなに離婚したいと思っていても、裁判所が『まだ夫婦関係を修復できる可能性がある』と判断すれば離婚を成立させることはできません。

実際に、別居していても連絡を取り合ったり金銭のやりとりがあったことで5年経っても離婚できなかったという夫婦もいますし、あまりに思いやりがなく、病気になった夫を妻がないがしろにしたことで1年半の別居期間で離婚できた人もいます。

また、離婚成立のためには夫婦が離婚に向けて十分に話し合っているかも重要です。

離婚についてきちんと話し合いをしていないと『話し合えば夫婦関係が修復できるのではないか』と判断され、より長い別居期間が必要になります。

話し合いをしても修復できないほど関係が悪化していて、さらに別居しているとなれば結婚生活が続けられないと認められる可能性が高くなるので、気が進まなくても十分に話し合ってください。

このように、離婚の判断を下すのは裁判所なので、他人から見て『夫婦関係が破綻している』と認めてもらえるような関係性であることが重要です。

ですが、別居したからといって絶対に離婚しなきゃいけないわけでもありません。

一緒に生活をしている時は相手に対する嫌悪感や憎しみなどの負の感情から離婚しか考えられなかったとしても、別居して自分の時間を持てるようになると考え方が変わることもあります。

もう少し頑張ってみようかなと前向きになれたのであれば、離婚のための別居ではなく、夫婦関係を修復するための別居として考えてみるのもいいかもしれませんね。⇒愛情がなくなったから』を離婚理由にするには?冷めた気持ちとの向き合い方。

まとめ

夫婦のどちらかが離婚に納得しておらず、なおかつ法律で定められている正式な離婚理由に当てはまらないことが原因で離婚する場合、裁判を起こす必要があります。

裁判では夫婦関係が破綻していて、もう結婚生活を続けていくことができないと認めてもらわなくてはいけません。

この時重要になるのが別居期間です。

離婚が認められるのに必要な別居期間は離婚の原因や別居中の関係性にもよりますが、平均して3年。

離婚裁判にかかる期間が1年くらいなので、別居して2年経つ頃から裁判に向けて準備を始めるといいと思います。

離婚を望んでいる側にとっては3年もかかるのかとがっかりしてしまうかもしれませんが、別居期間や夫婦の話し合いはとても重視されるので、明るい未来のために頑張ってくださいね!

 

こちらの記事もご覧ください。⇒決定的な離婚理由がない…だから半ば強引に作りたい!どうしたらいい?