夫婦生活がないのは立派な離婚理由。証拠があれば慰謝料請求も可能!

離婚理由の一つに夫婦生活がうまくいっていないことが挙げられます。

この夫婦生活とは性行為を指すことが多く、夫婦生活がうまくいっていないということはセックスレスや性行為を無理強いすることです。

夫婦生活で悩んでいる人は多くいますが、デリケートな問題で簡単に人に相談できる内容ではないため、一人で抱え込んでしまっている場合が多いです。

夫婦生活は円満な結婚生活においてとても重要であり、軽視してはいけません。

どちらか長期間拒否し続けたり、真面目に話し合ったりしない場合は十分な離婚理由になり、慰謝料も発生します。

そのためには証拠が必要になるので日頃から集めておきましょう。

増加するセックスレス夫婦

セックスレスとは『特別な事情もないのに1ヶ月以上セックスがなく、その後も長期に渡ることが予想される状況のこと』と定義されています。

お互いに性行為を望んでいないのであればセックスレスとは言いませんが、どちらかが望んでいるのにもう一方が応じない場合はセックスレスになります。

日本は世界的に見ても性行為が少なく、満足度も低いという調査結果が出ています。

セックスレス夫婦の割合は年々増加し、近年は半数近くの夫婦がセックスレスに陥っています。

性欲には個人差があり、性行為に関心がない人がいるのも事実です。

そこをお互いに理解して結婚したのであれば問題ないのですが、結婚後に夫婦生活がなくなった場合には離婚に発展する大問題になってしまう可能性があります。

うまくいかない夫婦生活は離婚理由になる

なぜ夫婦生活がそこまで重要なのでしょうか?妻が夫婦生活に満足していない例で考えてみます。

夫婦生活がうまくいかないと妻は『私のことが嫌いになったんだろうか?』『もしかして浮気しているのでは?』と夫のことがだんだん信じられなくなっていきます。

そしてそのことは1日中妻を悩ませ、妻にとって大きなストレスになっていきます。

相手に対する不信感、うまくいかないことへの焦り、このまま一生寂しい思いをするんだろうかという不安はどんどん妻を追い詰めていき、それが態度にも出てしまうので、やがて夫婦関係がぎくしゃくしはじめます。

そうすると妻は寂しさを紛らわせるために『浮気してしまおうか』という考えが頭をよぎったり、『このまま寂しい毎日が続くならいっそ離婚してしまおうか』と今後の結婚生活に希望が持てなくなってしまうのです。

配偶者に愛を伝える手段はたくさんあります。『大好き』という言葉や文字で伝えることもできるし、プレゼントをするのもいいでしょう。手をつないでデートしている夫婦も愛が溢れていますよね。

ですが、夫婦生活は夫婦にとって欠かすことのできないコミニュケーションであり、夫婦生活によって感じられる深い愛情があるはずです。

もちろん性行為ができない特別な理由があるならは離婚理由として認められない場合もありますが、そうでない場合はセックスレスが夫婦関係を破綻させる原因になるので離婚理由として成立します。

また、夫婦生活というのはお互いに満足してこそ成り立つものです。

相手が嫌がっているのに無理やり性行為を迫ったり、相手が嫌がるような行為を強要するのも離婚の原因になります。

実際に夫が嫌がる妻に靴下だけをはいた状態で性行為をすることを求め、それが理由で離婚が成立した夫婦もいます。

夫婦生活がないことはもちろんですが、このように一方だけが満足している夫婦生活も離婚理由になる可能性があります。

慰謝料請求には証拠が必要

夫婦生活が原因で離婚する場合の慰謝料は100万円程度が相場とされていますが、夫婦生活がなかった期間が長い場合や、夫婦生活がなかったにも関わらず浮気相手とは性行為をしていたなどの場合はもっと高額な慰謝料が認められる可能性があります。

しかし夫婦生活は他人からは分からないもの。いくら妻が『夫婦生活がないから離婚したい』と言っても夫が『夫婦生活は十分にあった』と言えば慰謝料どころか離婚すら成立させるのが難しくなります。

そのため、離婚を成立させて慰謝料をもらうためには夫婦生活がなかったことを証明しなくてはいけません。

夫婦生活がなかったことで自分がどれだけ苦痛を感じていたか日記に記しておいたり、夫婦生活を拒否する相手の音声や話し合いをした時の音声を録音しておくと証拠になります。

もし相手の浮気が確実なら浮気の証拠も集めておいてください。⇒離婚理由に多い浮気。浮気に時効なんてない!でも慰謝料請求は早急に!

無理強いをされた夫婦生活の場合も同じで、自分が精神的苦痛を感じていたということが分かるように証拠を残します。

しかし、セックスレスになる夫婦が増えている背景にはいろいろな理由があります。

本当はお互いに夫婦生活を充実させたいと思っているけど仕事や育児が忙しすぎてそれどころではない、体力の衰えとともに体がいうことをきかなくなったという夫婦がたくさんいます。

相手にもどうにかしたいという気持ちがある場合は相手だけを責めることはできないので、離婚理由として成立するかどうかは難しいところです。

夫婦生活を改善して離婚を回避する

実は夫婦生活で悩んでいる人は性行為がないことが問題だと捉えがちですが、それ以前に夫婦の会話やスキンシップが減ってしまっていることが多いのです。

普段、会話やスキンシップがないのに夫婦生活だけが充実していることってまずないですし、あったとしてもそこに愛情があるのかはちょっと疑問です。

なので夫婦生活で悩んでいる人はまずは夫婦関係を見直してみてはいかがでしょうか?

会話や二人で過ごす時間を増やしたり、感謝の気持ちをこまめに伝えるようにしたり、まずは夫婦関係が今よりよくなる努力をしてみましょう。

また、中にはラブラブだけど夫婦生活には不満があるという夫婦もいます。

そのような場合はやはり体の衰えやストレスが関係している可能性が高く、それを言えずにセックスレスが加速していきます。

特に男性はストレス社会で生きていますし、夫婦生活において男性の役目は重要です。そのためプレッシャーを感じて夫婦生活を避けてしまようです。

夫婦生活は夫婦が揃ってこそ成り立つものです。もしストレスや体の機能が関係して夫婦生活がなくなっているのなら、それを話す勇気と受け止めて一緒に乗り越えていく強さをお互いに持ってほしいと思います。

そうすれば離婚に発展する前に解決策が見つかるのではないでしょうか。

まとめ

夫婦生活が充実している夫婦とそうでない夫婦には収入にも大きな違いがあり、夫婦生活が充実している夫婦はそうでない夫婦に比べて収入が多いことがわかっています。

それくらい夫婦生活って重要なんですよね。

ですが、現在はその夫婦生活がないことで離婚する夫婦が増えいますし、セックスレスは夫婦において欠かせないコミニュケーションなので、どちらかが特別な理由もなく拒否し続けている場合は離婚理由として認められます。

しかし、夫婦生活は人に見せるものではないので本当になかったのかは証明することが難しいです。

そのため夫婦生活が原因で離婚する場合は夫婦生活が不十分だったことが分かるような証拠が必要になります。

人に話すのはためらわれる内容かもしれませんが、慰謝料請求も可能なので今後の人生のためにも証拠を集めましょう。

 

こちらの記事もご覧ください。⇒調停で大切のなのは離婚理由。納得してもらうためのポイントとかかる費用。