家事放棄は離婚理由になるか?家事をしない妻、夫が変わる魔法の言葉は『ありがとう』

料理、洗濯、掃除…家事と呼ばれるものはたくさんあります。

実家で暮らしている時はお母さんが全てやってくれていたかもしれませんが、結婚するとほとんどの家事を妻がやる家庭が多いと思います。

現在は共働きの家庭が増えていますし、家事は女がやるものという考え方は古いと思いますが、だからと言って妻が家事をしなくていいわけではありません。

妻の家事放棄に悩んでいる夫はたくさんいます。また、夫が家事を手伝ってくれなくて困っている妻もいます。

最近では離婚理由の一つに家事放棄があげられるようにもなってきました。

家事放棄は離婚理由になるか

民法で認められている離婚理由は、このように定められています。

一、 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 、配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 、配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四、 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 、その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

家事をしないことが直接離婚理由になるわけではりませんが、家事をしないことで今後の結婚生活を継続しがたい事態が起こるなら離婚の理由として認められます。(五、その他婚姻を継続し難い重大な理由があるとき)

まず、妻が仕事をしているかしていないかによっても家事放棄が離婚理由として認められるかどうかが大きく変わってきます。

妻が外でも仕事をしている場合、家事を妻ばかりが負担するのは不公平です。夫の方が長い時間働いていたり、お給料も高額かもしれませんが、家事を手伝わなくていい理由にはなりません。

共働きなのに夫は家事をしないで全て妻に任せようとしているのであれば、それは夫側にも責任があるため離婚理由として認めてもらうのは難しいでしょう。

妻が専業主婦の場合は外で働いていない分、家で家事をするのは当然だと私は思います。

専業主婦の仕事は家事をすることであるという法律はありませんが、妻が家事をしなければ夫の負担が大きくなります。

妻が病気を抱えているなどの理由がなく、本当はできるのに故意的に家事をやらない場合は夫にとって結婚生活を継続し難い理由になります。

なぜ妻は家事をしないのか

妻と言っても、性格や考え方は人それぞれで、家事が大好きという人もいれば、家事は苦手という人もいます。

夫から家事放棄だと思われている妻は家事が苦手だけど実は頑張っている場合もあります。

しかし、掃除も料理も苦手だから部屋は大して綺麗にならないし、料理も失敗ばかりで結局スーパーのお惣菜に頼ってしまうのかもしれません。

この場合妻は夫に家事放棄だと言われたら『ちゃんとやってるよ!』と怒るかもしれませんし、ちゃんとやっているのにできていないと言われたらやる気を失い、『どうせ文句を言われるくらいならやらないほうがいい』と放棄するようになってしまうかもしれません。

また小さな子供がいる場合、子供に手一杯で家事まで手が回らないということも考えられます。

特に初めての子供の場合は妻にとっても初めての連続でたくさんの苦労があります。夜泣きがひどく睡眠時間が足りないから子供がお昼寝をしている間にウトウトしてしまったり、子育てのストレスから自暴自棄になり何もかもが嫌になってしまったという人もいます。

この場合は妻が上手にストレスを発散できずに一人で抱え込んでしまっている可能性があるため、夫のフォローが重要になります。

家事ができない妻はADHDの可能性もあります。ADHDとは注意疾患・多動性障害とも言われ子供に多い障害ですが、現在は大人になってから診断される人も増えています。

ADHDの症状は、計画が立てられない、注意力が足りずミスが多い、手間がかかる、集中力が続かないなどで、これが家事放棄につながっている場合もあります。

妻に家事をさせる方法

どうしたら妻に家事をさせることができるでしょうか。

1、妻の両親を家に呼ぶ
両親が来ることになって慌てて掃除をするかもしれないし、掃除をしなかったとしてもありのままを見てもらうことで解決方法が見つかるかもしれません。
夫の両親だと妻に遠慮して何も言えなかったり、逆に妻が文句を言われて腹を立て関係が悪くなることも考えられます。でも、自分の両親だったら『こんなんじゃダメよ』とはっきり言ってくれるし、自分の親に叱られることは義理の両親に叱られるより抵抗も少ないので素直に反省することができます。

2、妻をほめまくる
妻がしたほんの些細なことを見逃さず、ここぞとばかりに褒めまくりましょう。
妻は家事をしてもお給料をもらえるわけじゃないし、誰かに感謝されるわけでもないので張り合いがありません。
妻が家事をすることが当たり前になってしまうと、夫もいちいちお礼なんて言わないですもんね。
しかしこの慣れが妻のやる気を奪っている可能性があります。
床に物が散らかっていても妻がテーブルの上を片付けたら『すごく綺麗!ありがとう!』とほめてお礼を言いましょう。
小さなことですが『ありがとう』は人の心を動かす魔法の言葉です。たくさん使いましょう!

3、外に働きに出てもらう
どうしても家事をやらないのであればもう家事は諦めて外で働いてもらうのもいいでしょう。
妻は専業主婦という生活自体が嫌なのかもしれません。外に出てやりがいのある仕事を見つけたらプライベートも楽しくなります。
人って何か一つうまくいかないことがあると他のことも連鎖してうまくいかなくなってしまいますが、何か一つでも楽しいことがあるとそれ以外のことにも意欲的に取り組めるようになります。
そのためにも妻の環境を変えてみるのはいい方法だと思います。

4、役割分担を決める
妻には『何で私ばっかり』という思いがあります。ですから『俺も手伝うから一緒に頑張ろう』と話し合ってみるといいと思います。
夫が休みの日の夜ご飯は夫が作る、お風呂掃除は必ず夫がするなど役割分担を決めて妻の負担を軽くするといいでしょう。
自分がやらなきゃいけない最低限のことをまずはこなせるようになってもらいましょう。

5、話し合いをする
先ほども書きましたが、子供がいる家庭では妻が子育てのストレスを抱えている場合があります。発散できずにどんどん思いつめていると家事放棄だけでなく育児放棄につながる可能性もあります。
たまには夫婦でゆっくり話す時間を作り、妻の話を聞いてあげてください。子育てに限らず夫が気づいていなかった悩みなども打ち明けてくれるかもしれません。
また、話し合いの時は夫が妻に対してもう少し家事をしてほしいことを伝えるのも大切です。夫ばかりが頑張るのも不公平な話です。
ですが伝える時は相手を責めるのではなく、感謝の気持ちも伝えつつ『もっとこうしてくれたら助かるな』とやんわりお願いしてみてください。

夫に家事をさせる方法

妻の家事放棄について書いてきましたが、夫の家事放棄に困っている妻もいます。

『夫が家事を手伝ってくれないから離婚したい』と思っている妻も少なくありません。

家事はどちらか一方がやるものではなく、二人で分担してやるのがベストだと思います。

1、夫を子供だと思って育てる
子供にお手伝いを頼む時って『〇〇ちゃんが手伝ってくれたらママ嬉しいな』とお願いしたり、『〇〇ちゃんが手伝ってくれたおかげで助かったよ。ありがとう』とお礼を言ったりしますよね。
これは夫にも使える作戦です。『あなたが〇〇してくれて嬉しい!』『あなた、こんなこともできるのね!素敵!』と子供をほめて育てるように夫も育てましょう。
『これくらいやってよ!』というのはやる気を失わせるので禁物です。大切なのは自らやろうとする意欲を持ってもらうことです。

2、突然家をあける
家事は妻がして当たり前と思っている夫は多いです。そのため妻をねぎらったり、手伝おうとすることはありません。
そういう夫には妻の存在がどれだけ大きいかを思い知らせる必要があります。
予告なしに数日間家を空けてみましょう。今まで妻がやってくれていた家事を一人でこなすのは慣れていない夫にとってとても大変なことです。料理も洗濯も掃除もこんなに大変なんだ、これを今までやってくれていた妻はすごいんだと思わせることができれば夫の態度も変わってくると思います。

3、一緒に楽しむ
夫に家事を頼んだら、妻が夫の手伝いをするという形でその家事を一緒にするのも効果があります。
その時に大切にして欲しいのが楽しい会話や軽いスキンシップです。無言で黙々と掃除をするよりも楽しくおしゃべりしながら掃除した方が疲れないですよね。また、綺麗になったらハイタッチをしたり、肩に軽く触れたりスキンシップをとることは夫婦円満の秘訣でもありますので取り入れてみましょう。一緒に家事をする時間が楽しければまた一緒にやりたいと思ってくれます。

4、文句を言わない
夫が家事をしてくれた時って何かしらあーあって思うことありませんか?干してくれた洗濯物がシワがらけだったり、洗い物してくれた後のシンクが水浸しだったり…(笑)文句を言いたくなる気持ちはよくわかりますが、ここはぐっと堪えましょう。
文句を言われると『せっかくやったのに!もうやらない!』と怒ってしまうかもしれません。これは女性でも同じです。
まずはやってくれたことに対して『ありがとう』と心からお礼を言いましょう。

まとめ

家事は妻がやるもの、家事は夫が手伝うものとお互いに決め付けていると相手に対して感謝の気持ちを持つことができません。

やってくれてありがとう、手伝ってくれてありがとうという感謝の気持ちがお互いにあれば家事放棄が離婚理由になることはないと思います。

しかし、中には仕事もしない、家事もしない、夫が稼いできたお金を使うばっかりで家ではゴロゴロしてるだけという妻もいます。

妻が家事をしない理由はいくつか考えられますが、ただ面倒臭い、やりたくないというだけの理由で家事を放棄している場合は改善するのは難しいと思います。

夫は仕事の他に妻が放棄した家事もこなさなくてはいけないため、そのような生活を続けると夫の生活に支障が出る危険があります。

その場合は家事放棄が離婚理由として認められるので早めに離婚の準備を進めてください。

 

こちらの記事もご覧下さい。⇒妻からの精神的DVの原因は夫に向けられた不満!?夫が取るべき行動と知っておきたい妻の気持ち。