離婚理由に多い浮気。浮気に時効なんてない!でも慰謝料請求は早急に!

離婚理由の中でもかなり多いのが配偶者の浮気です。

浮気するきっかけは人によって違います。精神的に病んでいた時に優しくされてつい…なんてこともあるでしょう。

浮気をされていい気分にはなりませんが、浮気に至った経緯によっては許せないわけではない場合もあると思います。

しかし、浮気を許して夫婦生活を続けていたけどやはり失った信頼が取り戻されることはなく、たった1回の浮気がきっかけで結局離婚した夫婦もいます。

浮気に時効があるわけではないので何年前の浮気でもそれが夫婦関係が破綻した原因なら離婚ができます。

しかし、慰謝料を請求できるのには時効があります!慰謝料を請求する場合にはなるべく早く行動に移しましょう。

浮気に時効はない

配偶者の浮気が発覚した時、それに対して大きな悲しみや怒りを感じる人がほとんどだと思いますが、そこで離婚するかしないかは夫婦によって違います。

浮気癖がある人なら離婚して正解でしょうが、本当に魔が差しただけの場合は夫婦関係を修復するのも不可能ではありません。

もう絶対に浮気しないと誓って心を入れ替えてくれる人もいます。

しかし、浮気をしたという事実も浮気された側が受けた悲しみも消えてなくなるわけではありません。

5年前に夫の浮気が発覚した、でも夫が深く反省をしたので離婚はしなかった。夫がその後浮気をすることはなく家族のために一生懸命になってくれた。でも、5年前の浮気は妻の心に引っかかったままだった。

この場合、浮気発覚からの5年間、夫婦関係に問題はないように見えますが、妻は夫に対して信頼をなくしてしまっています。

嫌でも夫を疑いの目で見てしまうようになり、2人きりで過ごす時間が苦痛になってしまいました。

妻はいつまでも消えることのないモヤモヤした気持ちに耐えきれず、離婚を考えるようになりました。

浮気を反省して改心した夫にしてみれば5年前の話だし、その後は良き夫、良き父親として家族を支えてきたので離婚を切り出され戸惑いを隠すことができません。

しかし、妻の信頼を裏切ったのは夫です。その夫に『いつまで怒ってるんだ!』という資格はないでしょう。

5年前に浮気したからというだけでは離婚理由になりませんが、夫の浮気により妻の気持ちは冷め、夫婦関係を継続していくことができなくなったのであればそれは婚姻を継続し難い重大な事由になりますので離婚理由として認められます。

慰謝料請求したい

配偶者から請求する

浮気をした配偶者に慰謝料を請求することは可能ですが、そのためには条件があります。

まずは配偶者と浮気相手との間に肉体関係があったということです。

あなたがどんなに『これは浮気だ』と言っても2人で食事をした、手をつないだというだけでは離婚するほどの浮気にはなりません。

『会いたい』とか『好きだよ』なんて書かれたメールを見たらそれだけで発狂したくなりますが、離婚するレベルではないのです。

慰謝料を請求するためには2人が性的な関係にあったということを証明する必要があります。

また、繰り返される関係は嫌ですが、慰謝料請求のためには浮気相手とある程度の交際期間があったということも重要です。

ワンナイトラブでは慰謝料請求が認められる可能性は低いでしょう。

浮気相手から請求する

浮気相手にも慰謝料を請求することができますが条件があります。

A夫さん(既婚者)とB子さん(独身)が浮気の関係にあり、A夫さんの妻がB子さんにも慰謝料請求をしたいと考えています。

B子さんから慰謝料をもらうためにはB子さんがA夫さんに妻がいたことを知っていなくてはいけません。

もしA夫さんが自分は独身だと嘘をついてB子さんに近づき、B子さんが本当にA夫さんが独身だと思って付き合っていた場合はB子さんに慰謝料を請求することはできません。

ゲスの極み乙女の川谷絵音さんはこうしてベッキーに近づいたんですよね…

しかし、B子さんが特別結婚の話をされていなかったとしてもA夫さんがB子さんと会う時に結婚指輪をしていたり子供の話をしたりしていた場合は結婚していることに気づいていたはずです。

その場合はB子さんにも落ち度があるので『私は結婚していたなんて知らなかった』と言っても慰謝料を請求することができます。

もう一つの条件は、浮気が原因で夫婦関係が破綻したということです。

浮気が始まった時にすでに別居していた、夫婦関係が冷めていたという場合は浮気が原因で夫婦関係が悪くなったわけではないので慰謝料を請求することはできません。

慰謝料請求ができる期間に注意!

どんな理由で離婚しても、相手に責任がある場合や証拠が残っている場合、離婚時に慰謝料の請求はしないなどの約束をしていない場合は離婚後3年以内なら慰謝料を請求することができます。⇒精神的DVが原因で離婚。慰謝料の相場はいくら?離婚後でも請求することが可能!

浮気も同じで、離婚する時には十分な証拠がなくて慰謝料が請求できなかった、怒りに任せて離婚してしまって後から慰謝料を請求しなかったことを後悔しているという場合でも慰謝料請求が可能です。

しかし、慰謝料請求できるのは離婚後3年以内と書きましたが、浮気の場合はその浮気と浮気相手が発覚してから3年間となります。

この3年の期間を消滅時効期間と言います。

夫の浮気相手が妻も見たことのある会社の女性だけど、その女性の名前や住所などを知らない場合は浮気相手が発覚したしたのとは違うので時効へのカウントダウンは始まりません。

最初に書いた5年前の浮気が原因で離婚した夫婦の場合は、浮気発覚から3年間が過ぎてしまっているので妻が夫に慰謝料を請求することは難しいでしょう。

また、慰謝料は離婚後に請求すると減額されてしまう可能性もあります。

もし浮気の事実が明らかで、提出できる証拠もあるのなら離婚前に請求しましょう。

時効が迫ってる時の対処法

大変!浮気発覚からもうすぐ3年だ!と時効が迫っていても慌てる必要はありません。

時効は中断したり最初からカウントしなおしたりすることが可能です。

慰謝料を請求できるのは3年間という決まりですが、3年経つと慰謝料を請求できる権利がなくなってしまうわけではありません。

慰謝料を支払う側が『もう時効なので慰謝料は払いません』と言ってはじめて請求できる権利が失われます。

なので、もし相手にちゃんと払うつもりがあるのなら3年経っても慰謝料を請求することはできます。

支払督促の申立、民事調停の申立、民事訴訟など裁判上の請求をした場合は、その時点消滅時効期間がゼロになります。

  • 支払督促の申立→申立人の申立てに基づいて裁判所書記官が金銭の支払いを求める制度。相手方からの異議の申立てがなければ判決と同様の法的効力が生じます。
  • 民事調停の申立→話し合いで円満な解決を図る手続き。調停で合意された内容は判決と同様の法的効力が生じます。
  • 民事訴訟→判決によって解決を図る手続。裁判官が双方の言い分を聴いたり、証拠を調べたりして、最終的な判決を下し、解決を図ります。

しかし、このような手続きをするのには時間がかかるので、消滅時効期間が間近に迫っている場合には催告という制度を利用した方がいいでしょう。

催告とは相手方に対して一定の行為を請求することで、お金の支払の請求もできます。

催告書は督促状より重い通知で『○月△日までに支払わないと法的な手段をとりますよ』という厳しい文面になっていて封筒や手紙ではなく内容証明郵便で届きます。

催告書を送付しておくと一旦時効を止めることができ、それから6ヶ月以内に先ほど書いたような裁判上の請求をすれば消滅時効期間はゼロになります。

催告書は自分で作ることもできるし、弁護士さんに依頼することもできます。

自分で作る場合はネットで探すとそのまま使える書式のテンプレートや詳しい書き方などが載っているの確認してみてください。

内容証明郵便は小さな郵便局では扱っていないところが多いので事前に取り扱いがあるのかを調べておきましょう。

弁護士さんに依頼する場合は3〜5万円の費用がかかり、さらに弁護士さんに代理人として交渉してもらう場合の製作費用は5〜10万円かかります。

まとめ

浮気は終わったことだからいいとか1回だけだから許されるということはありません。

浮気された配偶者はとても傷つき辛い思いをしたため、たった1回の浮気でも相手に対し不信感を持ち夫婦関係が続けられなくなってしまう可能性があります。

その場合は無理して一緒にいることはありませんが、浮気が離婚理由として認められるためにはある程度の浮気期間や肉体関係がなくてはいけないので、2人で出かけた、親密なラインのやりとりをしていたというだけでは離婚理由にはならないでしょう。

浮気の事実が認められた場合は慰謝料の請求ができます。しかし慰謝料請求には時効があります。

時効がきて相手に『慰謝料は払わない』と言われた場合は請求ができなくなってしまうので、もし時効が迫っている場合には消滅時効期間の中断ややり直しの手続きをとりましょう。

 

こちらの記事もご覧ください。⇒旦那の朝帰りにイライラ!朝帰りは離婚理由になる?浮気の可能性は?