配偶者以外の離婚理由。義理家族が原因で壊れた夫婦関係とは?

同居をしてもしなくても、結婚した以上、義理家族との付き合いは避けて通ることのできない課題です。

義理家族が関係する問題は嫁姑問題だけではありません。

せっかく家族になったのになぜこんなひどいことをするんだろうとびっくりするようなことをする舅や義理の兄弟姉妹もいます。

このような家族の問題が起こった時、配偶者の行動や考え方がその後の夫婦の関係を左右します。

もしそれがあなたの望む行動じゃなかったら…義理家族のことで悩んでいたのに、いつの間にかその対象が配偶者に変わってしまうかもしれません。

義理家族の問題が引き起こす本当の離婚理由とは一体!?

私の実体験。義理家族の驚きのお財布事情

結婚する前には相手の親もよく見た方がいいと言いますが、実際は『同居しなきゃいいや』『彼(彼女)の事が好きだから、義理家族とちょっと合わなくても平気』と簡単に考えてしまう人も多く、実際に私も元夫の家族には違和感しか感じていませんでしたが結婚しました。

元夫の両親は自分の子供の結婚式であるにも関わらず、お祝いはなし。姉家族も遠方から来てくれたのですが、前もってETCカードを送るように言われ往復の高速代は全てこちら持ち。もちろん交通費は出すつもりでいましたが、ETCをよこせと言われるとは思っていませんでした。さらに家族5人で来てご祝儀は3万円。弟もいたのですが、封筒の中身は1万円でした。

お金が全てではありません。自分たちの結婚式なんだから自分たちでどうにかするのが当たり前と言われたらそうなのかもしれません。

ですが、私の家族や親戚がたくさんのお祝い金を包んでくれている中で、元夫の義理家族の対応は如何なものかと思ってしまいました。

義理家族は普段からお金に関してはかなりルーズでしたが、それ以外にも言葉遣いが悪く、常にお互いを罵り合うような喧嘩をしていたり義理の母と姉は何度も離婚を繰り返していたりと世間的にはあまりいい印象を持たれないような家族で、私自身が嫌がらせをされたりお金をせびられたりするわけではありませんでしたが、『この人たちとは合わないな』と感じていました。

幸い、私は同居していたわけではないので、義理家族に会うのは年に数回ですみましたが、それでも苦痛でした。

誰がいても御構い無しにはじまる罵り合いや、決して清潔感があるとは言えない家でご飯を食べること、自分の家のテレビが壊れたからお前の家のをよこせとテレビを持って行かれたり、車のローンが払えないから息子に払わせていたり…

たとえ義理でもこの人たちと家族になったことは私にとって恥ずかしいと感じることでした。

姑だけじゃない!あなたを悩ませる義理家族の存在

義理家族との関係が離婚理由と聞くと嫁姑問題を想像する人が多いかもしれません。⇒離婚理由になるほどの嫁姑問題とは?離婚したいのは本当に姑のせい?

実際にお姑さんからの嫌がらせに耐えられなくて離婚するという人は多いですが、実は小姑の存在も大きな原因の一つになっています。

『男のくせに情けないわね』『なんで妹はあなたみたいな人と結婚したのかしら』『前の彼女の方がよかった』『あなたのこと妹だと思ってないから』など、会うたびに嫌味を言う小姑が実際にいるのです。

どんなことを合わない、上手くいかないと感じるかは人によって違いますが、『また何か言われるんじゃないか』『またこんなことをされるんじゃないか』という不安を抱えながら生活していくのは大きなストレスになります。

一つ一つは大したことなくてもそれが蓄積されればやがて大きなダメージとなり、はじめは『合わないな』で済まされていたものが『嫌い』『ムカツク』など負の感情に変わり、最終的に縁を切りたいとまで思うのかもしれません。

また、舅や義理の兄弟からセクハラまがいなことをされたり、暴力を振るわれたというお嫁さんもいます。

配偶者の家族に病気や障害のある人がいてその看病が嫌だから離婚したいと考える人もいます。

一見薄情に感じるかもしれませんが、介護の辛さは想像を絶するものです。

もしかしたら自分が一生その人の面倒を見ていかないといけないかもしれません。

いくら愛する人の家族だからと言って快く引き受けられる人は少ないと思います。

義理家族嫌いが旦那嫌いに!?

義理家族が原因で離婚する人の中には『夫婦の関係は良好だけど、どうしても姑と合わない』『夫のことは大好きだけど義理の家族は好きになれない』と言う人がいます。

そのような場合、義理の家族が嫌いだからといって離婚してしまうと、後悔する確率が高いです。

同じ相手と再婚したいと思ってもまた離婚の原因になった義理家族との付き合いが始まるわけですし、そんなワガママを義理家族が許してくれる可能性も低いです。

そうするとなかなか夫婦の関係に戻ることはできないので、本当に配偶者に不満がない場合は離婚するべきなのか慎重に考えましょう。

ただ、元の原因は義理の家族でも離婚する際には夫婦の関係が離婚理由になっている場合が多いです。

その理由は義理家族との関係改善に配偶者が非協力的だったり、配偶者があなたではなく親の味方をしてしまうからです。

姑のことを夫に相談しても『お前も悪い』『俺の母親を悪く言うな』と怒られたり、相談を持ちかけただけで面倒臭がって逃げるように部屋を出て行ってしまったりと夫が妻の辛さに寄り添ってくれないのです。

夫がマザコンだった場合、いくら姑の行動がおかしいかを伝えてもそれに気づかず、母親と一緒になってあなたを攻撃してくる場合もあります。⇒マザコン夫と離婚したい!離婚理由として認められる?マザコン夫の母親にも注意!

このような夫の行動により、妻は夫への愛情や信頼を失っていきます。

自分の家族と妻との間に挟まれた夫も大変だと思いますが、妻が望んでいるのは夫が自分の味方をしてくれること。

それが無理だと気づいた時、義理家族の問題だった離婚理由が夫婦関係の問題に変わるのではないでしょうか。

相手に責任を負わせたければ改善の努力をするふりをする

夫婦が合意すればどんな理由であれ離婚することができます。

しかし、どちらか一方が拒否している場合は調停や裁判などお起こす必要があります。

この時、浮気や暴力など、他人から見てもわかりやすい離婚理由であれば、どちらに責任があるかはハッキリさせやすいですが、嫁姑問題や義理家族の問題のような他人から見て分かりづらい内容の場合、『お互いに責任がある』『仲良くする努力をしなさい』と言われてしまう可能性が高いです。

もしあなたが『絶対に離婚したいし、仲良くする気なんてない、でも相手に責任を負わせたい』と考えている場合は、表面上、仲良くする努力をしてください。

『私はこんなに努力しているのに全然相手が歩み寄ってくれない』『私がこんなに頑張っているのに夫はちっとも協力してくれない』と周りの同情を得ることができれば離婚はあなたに有利な方向に進む可能性が高いです。

一刻も早く離婚したい、慰謝料や財産分与なんてどうでもいいという場合はお互い様で納得できるかもしれませんが、そうではない場合は、離婚すると決めてもすぐに出て行くのではなく、自分の希望が通るように準備期間を設けましょう。⇒その離婚理由で大丈夫?離婚を有利にする方法。

まとめ

義理家族との付き合いは一生続きます。

もし『この家族とは仲良くなれないかもしれない』と思ったまま結婚すると、それが後にあなたを悩ませる大問題に発展してしまう可能性があります。

この問題が起こった時、あなたの配偶者が一番にあなたを考え、あなたの味方をしてくれるのであれば、それは夫婦の絆を深める出来事としてプラスになるかもしれませんが、場合によっては夫婦関係を破綻させる原因にもなってしまいます。

義理家族とうまくいかなくて悩んでいたはずなのに、それが原因でいつの間にか夫婦関係も悪くなってしまったというのが義理家族という問題の裏に隠された本当の離婚理由かもしれません。

そうならないためにも、結婚前にしっかりと相手の家族まで見極めたいですね。

 

こちらの記事もご覧ください。⇒多い離婚理由とその割合。離婚したがっているのは夫?妻?熟年離婚の驚きの数字とは?