隠れタバコが離婚理由っておかしいの?夫婦が本当に乗り越えなくてはいけない壁とは?

離婚理由の上位を占めるのは性格の不一致や浮気、義両親との不仲などですが、意外な理由で離婚する夫婦もいます。

その一つがタバコです。

相手が喫煙者であるということを知っていれば問題ないのですが、離婚に至る場合のタバコは隠れタバコが多いようです。

吸わないと言っていた配偶者が実は喫煙者で、その事実がバレた時に信頼関係が壊れ、離婚に発展してしまいます。

『そんなことで?』という人も多いでしょうが、タバコを嫌いな人はとことん嫌いですし、だからと言って吸っている方も簡単にやめられるものではありません。

そのため、夫婦の間に大きなズレができてしまうのです。

裏切られたというショック

タバコを吸わない人はタバコの臭いにとても敏感です。喫煙者がタバコの臭いを隠そうとしてもすぐにバレます。

結婚前に吸っていたけど禁煙するという約束で結婚した夫婦がいます。

しかし夫は妻の前では吸いませんでしたが結局タバコを止めることはできず、妻に内緒でタバコを吸い続けていました。

吸い殻や服の臭いに気をつけてはいたもののやはり完全に隠すことはできず、ある日妻にバレてしまいました。

もちろん約束をやぶってタバコを吸っていたことは妻の逆鱗に触れましたが、妻はそれ以上に隠れて吸っていたということにショックを受けました。

禁煙を約束して結婚したのに内緒でタバコを吸っていたというのは妻に対する裏切り行為と言えるでしょう。

夫は『妻が怒っているのは自分がタバコをやめなかったからだ』と考えますが、妻の本当の怒りは『隠れて吸っていた事』に向いています。

たとえ禁煙できなかったとしても『どうしてもやめられないんだ』と一言相談していれば妻の信頼を裏切る事にはならなかったかもしれません。

隠れタバコは離婚理由にならない

たった今、隠れタバコは妻へ対する裏切り行為だと言いましたが、だからと言って離婚理由として認められる可能性は低いでしょう。

喫煙は悪い事ではありませんし、結婚する前に禁煙の約束をしたという証拠もありません。

もし、あなたがタバコが大っ嫌いで喫煙が離婚につながるくらいの大問題だというのなら、結婚前にそれを伝えて絶対に吸わないという誓約書を書いてもらったり、『吸わない』という言葉を録音しておくのがいいでしょう。

結婚後に約束する場合も、その内容が証明できるものを残しておくと離婚する際に役に立つと思います。

また、一度失われた信用を取り戻すのは簡単な事ではありません。

あなたが配偶者の喫煙に怒っているわけではなく、自分に対する裏切り行為に怒っているのであれば、その感情が離婚につながる事もあるでしょう。

信頼関係が崩れてしまった事で愛情が冷めてしまう可能性もありますし、不信感を持つようになってしまうかも知れません。

そうすると性格の不一致という理由で離婚する事は可能ですが、性格の不一致はお互いに責任があるため慰謝料の請求は難しいと思います。⇒離婚理由は性格の不一致。慰謝料、養育費はいくら?浮気してるって本当!?

隠れタバコの原因はあなたにもあった!?

配偶者の隠れタバコが発覚た時、あなたはきっとタバコをやめていなかったこと、隠れて吸っていたことに腹を立てて怒ると思いますが、相手だけを責めるのは間違っています。

隠れて吸っていたということは相手には多少なりとも罪悪感があったはずですし、あなたに怒られるから内緒にしていたのだと思います。

もしかしたら、相手が喫煙を打ち明けるチャンスを奪っていたのはあなたかもしれません。

いくらタバコが嫌いだからって『タバコを吸うなんてありえない』とか『タバコを吸う人とはやっていけない』と否定的すぎる意見は相手の立場を悪くします。

また、吸っている方もやめることばかりを強いられてはストレスになります。

配偶者がタバコを吸うたびに『また吸ってるの!?やめてよ!』と責めるような言い方をしていては相手の禁煙に対する前向きな気持ちを奪います。

『私がタバコを嫌いだから吸わないで』と言うのではなく、『あなたにいつまでも元気でいてほしいから吸ってほしくない』と相手のことを気遣う言葉をかけることができたら相手もきっと『家族のためにいつまでも元気でいなくちゃ』『こんなに心配してくれる妻のために禁煙しよう』という気になるのではないでしょうか。

タバコをやめてほしいなら

禁煙してもらうために必要なのは怒ることではなく応援することです。

また、言葉で応援するだけではなくあなた自身も配偶者と同じ行動をしてみるといいでしょう。

喫煙に変わるストレス発散方法はたくさんあります。それがスポーツをすることであればあなた自身も一緒に汗を流すのです。

めんどくさい、やりたくないと思うかもしれませんが、頑張るのはお互い様。あなたが自分のために頑張ってくれているということがわかれば相手も頑張らずにはいられなくなりますよ。

禁煙外来に一緒に行ったり、お医者さんのアドバイスに従った生活が送れるように気を配ったりして一人でできないことはあなたがサポートしてあげましょう。

また、家の中では吸わない、子供の前では吸わない、1日の本数を決めるなど守れる範囲の約束をすることも効果的です。

守れない約束は挫折の原因にもなりますし、ストレスになりやすいです。

すぐに止めようとするのではなく、まずは吸わなくても大丈夫な時間を増やしていくことを目標にしましょう。

最近はタバコの害が90%カットできる電子タバコも発売されています。電子タバコに変えて最終的に禁煙できたという人もいますので試してみてはいかがでしょうか^^

夫婦が本当に乗り越えなくてはいけない壁

あなたが一生懸命応援して、禁煙のために協力しても相手が変わることはなく隠れてタバコを吸い続けていたことが発覚したら、その時は離婚してもいいのではないかと思います。

子供を望んでいたり、お腹に赤ちゃんがいるのに毎日相当な数のタバコを吸っていたり、子供達の前では吸わないと約束したのにあなたがいない時は平気で吸っていたり、禁煙外来もいつの間にか行かなくなっていたなど、相手に頑張る気がないと分かる場合は離婚するだけの理由になるのではないでしょうか。

タバコにはたくさんの害があるため、家族への影響がないとは言えません。

それが分かっていても夫(妻)が自分の欲求を優先してしまうということは、タバコに限らず今後もそのようなズレが生じてくるということです。

『タバコで離婚するなんておかしい』と言う人もいるでしょうが、タバコは単なるきっかけであって、夫婦が乗り越えなくてはいけない壁は喫煙という行為の裏側にある歩み寄ろうとしない気持ちなのです。

あなたが諦めて喫煙を認めるか、相手がきっぱりタバコをやめるか、このどちらかでしか解決できないのだからお互いに譲れない場合は一緒に生活していくのは難しいと言えるでしょう。

まとめ

配偶者の隠れタバコが発覚した時、あなたは大きな怒りや悲しみを感じ、離婚したいとまで思うかも知れません。

価値観は人それぞれなので喫煙が離婚理由になることもおかしいことではありません。

しかし、隠れて吸っていたということは言い出せない環境を作ってしまっていたということです。

あなたがいつも怒っていたりプレッシャーをかけすぎていると相手は本当の気持ちが言い出せなくなってしまうので隠れタバコが発覚したら今までの自分の態度も見直してみてはいかがでしょうか。

また、禁煙は一人ではできなくても家族のサポートによって成功させた人はたくさんいます。

夫(妻)にだけ頑張らせるのではなく、あなたも一緒に頑張って二人で禁煙を楽しみましょう!

 

こちらの記事もご覧ください。⇒相手のせいにする夫婦は離婚しやすい!離婚理由を都合よく書き換える配偶者に注意!