その離婚理由で大丈夫?離婚を有利にする方法。

一生の愛を誓い合って結婚した相手ですから、できれば離婚はしないでいつまでも幸せに暮らしたいものですが、現実はおとぎ話のようにうまくいくことばかりではありません。

結婚してみて初めて遭遇する試練がたくさんあります。

夫婦関係が破綻しているのに無理して結婚生活を続けていくのはお互いにとって幸せな選択とは言えません。

離婚理由に納得できるなら離婚するべきだと思います。

そのときですが、どうせ離婚するならお金や親権など、なるべくいい条件で離婚したいですよね。

できるだけ自分の希望が通るように離婚を有利にする方法を知っておきましょう。

条件のいい離婚とは

離婚する際には慰謝料や財産分与、親権など様々なことが争われます。

何を重視するかは人それぞれで、親権は譲るけど慰謝料は高額じゃなきゃ嫌だとか、お金はいらないから親権は絶対にとりたいなど優先順位は夫婦によって違います。

しかし、ほとんどの人が十分なお金と親権を手に入れたいと思っているのではないでしょうか。

離婚後に後悔しないためにはポイントを押さえて話し合いをする必要があります。

慰謝料について

離婚理由によって慰謝料が請求できるケースとできないケースがあります。
請求できるのは浮気や暴力など、明らかに相手に離婚の原因がある場合です。
慰謝料は婚姻期間や被害の内容、慰謝料を支払う側の収入や財産によっても変わってきますが、どの離婚理由でも50万〜300万円が相場になっています。
慰謝料が請求できないのはお互いに責任がある場合です。
性格の不一致や愛情が冷めたなどの理由はどっちかだけが悪いわけではないので慰謝料を請求することはできません。
モラハラやセックスレスなどは離婚する原因になりますが、離婚するほどの問題であることが証明できないと十分な慰謝料はもらえないかもしれません。

財産分与について

結婚してから築いた共有財産は離婚の際に分けることができます。
これは半々でなくてはいけないという決まりはなく、お互いの貢献度によって分配が決まります。
共有財産になるものは

  • 家、土地などの不動産
  • 家具、家電
  • 貯金
  • 有価証券 など

『離婚するならこの家から出て行け!』という人もいますが、二人の財産ですのでそんなこと言える権利はありません。
ただし、結婚前から所有していた車や貯金、結婚した後でも個人の名前で手に入れた財産は分けることができません。

親権について

未成年の子供がいる場合は夫婦のどちらかが親権者になります。
現在は9:1の割合で女性が親権者になっていますし、離婚理由と親権は関係ないので有責配偶者が親権をとることもできます。
男性はフルタイムで働いている人が多く、親権者になっても子供と関わる時間が十分に持てずに子供が寂しい思いをすることが考えられるので親権者になることは難しいでしょう。
しかし、母親の子供に対する愛情が薄かったり、子供を育てられないくらい病弱だったりすると父親が親権者になることもあります。

養育費について

養育費は子供の年齢や人数によって変わります。
基本的には子供が20歳になるまで支払われますが、これは自立するまでという意味なので人によっては大学卒業まで、就職が決まるまで払う場合もあります。
相場は4〜6万円くらいですが、支払う側の経済条件によって変動があります。
また、支払う側は子供が自分と同じレベルの生活ができるだけの金額を払う義務があるので、払えるにもかかわらず支払いを拒否したり減額することはできません。⇒養育費の相場と増額する方法。離婚理由と養育費は関係ない!

これらの知識がないと相手が言うままに離婚が進んでしまい、不平等な財産分与や慰謝料の減額をされてしまう恐れがあります。

自分には何をもらう権利があるのかを知っておくことがいい条件で離婚するためには不可欠です。

離婚を有利にする方法

離婚を有利に進めるにはまずは上記にあげたことをしっかり把握しておくことです。
相手の給料明細や結婚後に二人で築いた財産などを紙に書き出しておくといいでしょう。
さらに自分がどれくらいの慰謝料を希望しているのか、親権はどうしたいのかなど希望も書き出しておくと話し合いの時に無駄がありません。

次に証拠集めが重要になります。

浮気はただ一緒に食事をしたとか愛してるというメールのやりとりをしていたというだけでは弱く、肉体関係がないと離婚理由として認められません。⇒離婚理由に多い浮気。浮気に時効なんてない!でも慰謝料請求は早急に!
ある程度の交際期間も必要なのでしばらく様子を見てホテルの領収書をとっておいたり、二人がホテルから出てくるところなどを写真に残しておくといいでしょう。個人では難しいと思うので浮気の証拠は探偵に頼むのがいいかと思います。

同じように、離婚理由がDVなら殴られた時の傷跡を写真に残しておいたり、警察に助けを求める。
モラハラであれば暴言を録音しておいたり、日記をつけておく。⇒離婚理由の上位に入る精神的DV。証拠を集めて慰謝料を請求しよう!
浪費であればキャッシュカードの明細書や買い物をした時のレシートを残しておく。⇒夫の借金が発覚!離婚理由になる?大切なのは金額より借金をした理由。
親族関係であればどんな嫌がらせをされたのかを記録したり、周りの人に相談しておく。⇒相手の親とうまくいかないのは離婚理由になる?原因は配偶者にもあり!

このように夫婦関係が相手によって破綻したのだということが分かるように証拠を残しておくとあなたにとって有利な方向に進むでしょう。

親権をとりたい場合は、子供への愛を言葉ではなく行動で示すこと。
別居していても子供と積極的にコミニュケーションをとったり、子供のために仕事を早く切り上げて帰ってきたり、タバコやお酒をやめたりして子供が安心して暮らせる快適な環境づくりに励みましょう。⇒親権と離婚の原因は関係ない!精神的DV被害者に取り戻して欲しい親としての自信。

弁護士に依頼するメリット・デメリット

デメリットもありますが、弁護士に依頼するのは離婚を有利に進める一番の方法だと思います。

まずメリットです。

  • 自分の気持ちを伝えやすくなる
  • 慰謝料の増額がしやすくなる
  • 親権をとりやすくなる
  • 必要なことは全てやってくれる
  • 解決策が豊富
  • 解決までの時間が短縮できる
  • 弁護士を挟むことで本気度が伝わる

弁護士さんはあなたが思っていることや考えていることを相手にわかりやすく伝えてくれます。

自分ではうまくまとめられないことも弁護士さんがちゃんとまとめてくれるので話がややこしくならずにすみます。

慰謝料に関しても増額出来るように話を進めてくれます。弁護士さんに依頼したことで慰謝料が100万円増額されたという人もいます。

調停や裁判に必要な書類は自分で用意しなくても弁護士さんにお任せで大丈夫ですし、もしあなたにやらなければいけないことがあっても的確に指示をしてくれますのでその通りに行動すれば問題ありません。

また、例えあなたが望むような展開にならなかった時でも弁護士さんにはたくさんの解決策があるので、このまま調停を続けるべきか判断してくれたり、円満解決に導いてくれたりもします。

私も離婚する時に弁護士さんにお世話になりましたが、自分の味方をしてくれる人がいるというのはそれだけで心強いですし、何より弁護士さんはプロなので私が納得できるように上手に話を進めてくれたので本当に助かりました。

次にデメリットです。

  • 費用がかかる
  • 人選が難しい
  • 相談に通うのが大変

何と言っても一番のデメリットは費用だと思います。

着手金、実費、成功報酬など様々な費用がかかり、裁判まで長引いた場合は費用が100万円を超えてしまう場合もあります。

法テラスでは費用を一時的に負担してくれて分割で返済できる制度があるので金銭的に余裕がない人は利用してみてください。⇒弁護士は精神的DV被害者の強い味方!費用を負担してくれる安心の制度とは?

また、弁護士さんによって得意分野は違います。離婚問題に強い人もいれば借金問題に強い人もいます。

ここをきちんと確かめてから依頼しないと、結局負けてしまったということにもなりかねませんので人選は慎重に行いましょう。

弁護士さんに依頼するとあなたと弁護士さんとの話し合いがとても重要になります。

相談に通わなくてはいけないので、休みの日にゆっくりできなかったり、移動にも時間を取られてしまうなど、遠くの弁護士さんを選んでしまうと苦労するかもしれません。

まとめ

離婚を有利に進めるには、まずは争われる内容をあなたがしっかり把握しておきましょう。

そうすれば相手に丸め込まれて慰謝料がもらえなかったということがなくなります。

それと同時に自分の希望もしっかり書き出し、明確な意思を伝えてください。

有利に離婚するには証拠集めもとても重要ですが、私は自分の経験から弁護士さんに依頼するのが一番の離婚を有利にする方法だと思います。

プロですので、離婚理由が弱い時でも不利にならないように話を進めてくれます。

費用はかかりますが、納得のいく離婚をするためにもまずは無料相談に行ってみてはいかがでしょうか^^

 

こちらの記事もご覧ください。⇒決定的な離婚理由がない…だから半ば強引に作りたい!どうしたらいい?