マザコン夫と離婚したい!離婚理由として認められる?マザコン夫の母親にも注意!

つい先日、ニュースでも特集されていましたが、最近はまるで彼女とデートをするように母親と二人で買い物をしたりランチに行ったりする男性が増えているそうです。

それだけではマザコンとは言えませんが、結婚しても夫が妻や子供より母親を優先させたり、なんでも母親の言いなりになっているようであれば、マザコン夫だと言えるでしょう。

親を大事にすることはとてもいいことですが、度を超えた関係は夫婦仲を悪化させることになり、それが原因で離婚してる夫婦もいます。

マザコンという離婚理由はないので、マザコン夫と離婚したい場合は、夫のマザコンにより夫婦が結婚生活を続けられない状態にあることを裁判官や調停委員に理解してもらう必要があります。

マザコン夫の特徴

  • 優柔不断で何事も母親に相談しないと決められない
  • 妻が母親の愚痴を言うと怒る
  • 妻の料理が母親の味と違うと文句を言う
  • 妻の両親は大切にしない
  • 夫婦の会話を何でもかんでも母親に伝える
  • 母親が妻の悪口を言っても否定しない
  • 母親に高額なプレゼントや仕送りをする
  • 母嫌からお小遣いをもらっている
  • 母親に妻の悪口を言う
  • やたらと実家に帰りたがる
  • 同居が当たり前だと思っている

母親も妻も同じ家族なので順位をつけることは間違っているかもしれませんが、夫にとって母親は絶対的な存在で、妻と母親どっちが大切かと聞かれたら母親と答えるでしょう。

また、マザコン夫は母親に甘やかされて育っています。

なんでもやってもらうのが当たり前の生活をしてきたため、自分で解決する力が欠けています。

家事や育児に関しても女がやるのが当たり前なので妻が困っていても手伝おうとしません。言ってしまえば大きな子供です。

マザコン夫の母親

マザコン夫を育てた母親も手強いです。

姑がお嫁さんにキツくあたる原因は息子を取られた悔しさや寂しさからと言いますが、結婚したのだから夫として、父親として自立していく息子を応援するべきです。

しかしマザコン夫の母親にはそれができません。

マザコン夫の母親は結婚してもなお、可愛い息子の面倒を自分が見てあげようとします。

夫婦の問題にも口を出し、夫婦喧嘩の際には嫁の意見は無視して息子の肩を持ちます。

なんの連絡もなしに夫婦の家に遊びに来たり、些細なことで息子を自宅に呼んだり、夫婦の旅行についてきたり、こちらの都合はおかまいなしに息子を自分の所有物のように扱います。

また、料理を作った時に自分の料理と妻の料理、どっちが美味しいかを聞いて(マザコン夫は母親と答える)『私の方が愛されている』と優越感に浸る母親もいます。

息子に嫁の悪口を言ったり、嫁に対して『嫁なんだからこれくらいするのが当たり前』と家事や育児を押し付けたりもします。

マザコン夫同様、同居が当たり前だと思っているので、なんの相談もなしに土地を買ったり、ハウスメーカーと契約を結んだり勝手に話を進めてしまいます。

マザコンが夫婦関係を悪くする!

母親が子離れできていなかったとしても、息子が母親以上に妻や子供を大切にして自立してくれたら離婚するほどの問題にはならないと思います。

過干渉な母親に『夫婦の問題だからお母さんは口出ししないで』『勝手に決めないで』とはっきり言ってくれたら心強いですよね。

ですが、マザコン夫は母親が言ったことに対して反抗せず『お母さんがこう言ってるからこうしよう』と何でも母親の意見に従います。

そうすると妻はいつも我慢を強いられることになります。

さらにマザコン夫は母親が妻の悪口を言っても否定しないので、目の前で妻が母親に嫌味を言われていても知らんぷりをしたり、もっとひどい場合は一緒になって妻の悪口を言ったりします。

このような環境では夫に対しての愛情が薄れてしまうのも当然です。

なぜ夫は私の味方をしてくれないんだろう、なぜ私がいつも悪者になってしまうんだろうと寂しい思いもしますし、夫に対して不信感を抱くようにもなります。

しかし夫にはマザコンという自覚がないため、妻がどんなに辛い思いをしてもそれに気づかず、母親のことを悪く言われれば怒るし、自分の態度を改めようとはしません。

夫のこのような態度によって妻は大きなストレスを抱え、結婚生活を続けていくことが困難になります。相手の親とうまくいかないのは離婚理由になる?原因は配偶者にもあり!

マザコンで離婚するには?

マザコンだからという離婚理由はありませんが、あなたが『マザコンだから離婚したい』と言った時、夫もそれに納得してくれれば協議離婚が成立します。

しかし、マザコン夫には自覚がありませんし、あなたが少しでも姑のことを悪く言うと怒るのでスムーズな解決や話し合いは難しいと思います。何よりマザコン夫の母親が介入してくる可能性が高く、あなたが悪者のように言われてしまうかもしれません。

協議離婚が成立しない場合は離婚調停、それでもダメなら離婚裁判に持ち込まれます。

調停や裁判では夫のマザコンの内容を訴えることも大切ですが、もっと大切なのはその夫の言動によりあなたがどんな苦痛を味わったのか、マザコンによってどのように夫婦関係が悪化したのかを第三者にわかってもらうことです。⇒調停で大切のなのは離婚理由。納得してもらうためのポイントとかかる費用。

二人の話を聞き、離婚に至った原因がマザコン夫にあると裁判官や調停委員にわかってもらえると『婚姻を継続し難い重大な事由』として認められるので離婚が成立します。

この場合の慰謝料ですが、ただ単に夫がなんでも母親に相談するとか、旅行に母親がついてくると言うだけでは請求することはできないと思います。

しかし母親と一緒になって夫が妻の悪口を言ったり、妻が辛い思いをしているのに全く歩み寄ろうとしなかった、あなたがマザコン夫やその母親のせいで精神を病んでしまったなどの場合には慰謝料が認められるでしょう。

離婚を回避したい!

マザコン夫でも愛情が冷めたわけではない、子供がいるから離婚はしたくないという人もいると思います。

まずは離婚するほどのストレスになる前に夫に母親との付き合い方を見直してくれるように話をしてみましょう。

自分がマザコンだと自覚できれば恥ずかしいと思い、態度を改めてくれるかもしれないし、妻の苦しみを知って反省するかもしれません。

話し合う時はもちろんお姑さんは抜きです。

もし知人にカウンセラーや心理学者などマザコンに詳しい人がいれば同席してもらうのもいいかもしれません。

マザコンに限らず、妻が『離婚も視野に入れてる』と言った途端、態度を改めたという夫もいるので、妻であるあなたが夫になめられている場合は自分の本気度を示すために離婚の話をするのも効果はあると思います。

また、マザコン夫も母親もお互いに近くにいるからその力を発揮してしまうのです。

可能であれば思い切って簡単には行き来できないところに引っ越してしまいましょう。

まとめ

母親をママと呼んで慕う程度のマザコンなら許せますが、結婚したにもかかわらずなんでも母親に相談したり、母親の言いなりになっていたら嫌ですよね。

本人は母親を大切にしているつもりでも、妻はその陰でたくさんの我慢や辛い思いをしています。

マザコン夫と離婚したい場合は、夫の言動が夫婦関係を破綻させたということが第三者に分かってもらえれば離婚理由として認められます。

マザコン夫本人はマザコンである自覚がないのでまずは話し合いをして自分の行動が異常であることに気づかせたり、あなたが苦しんでいることを伝えましょう。

それでも改善される見込みがなければマザコンと分かる会話を録音しておいたり、マザコンの被害を日記に書いておき証拠として残しておき離婚の準備を進めましょう。

 

こちらの記事もご覧ください。⇒もう無理!生理的に受け付けないのは離婚理由として成立する?