男性と女性、それぞれの離婚理由。お互いが離婚を考える瞬間とは?

現在日本では3組に1組の夫婦が離婚していると言われています。

『この人と一生一緒にいたい!』と熱い気持ちで結婚した夫婦があっさり離婚したり、『なんとなく流れで』結婚した夫婦が長続きしたり、結婚当初の気持ちってあんまりあてにならないですね。

ただ、結婚する時は誰だって離婚を考えていたわけではありません。結婚したのだから末長く幸せでいようと誓ったはずです。

それなのになぜこんなにたくさんの夫婦が離婚をするのか。男性、女性、それぞれが考える離婚理由をまとめました。

男女別離婚理由トップ10

順位男性側女性側
性格の不一致性格の不一致
異性関係DV
親族問題生活費を渡さない
精神的DV精神的DV
異常性格異性関係
性的不調和浪費癖
浪費癖家庭を省みない
DV異常性格
同居に応じない親族問題
10家庭を省みない性的不調和

男性、女性共に離婚理由の第1位は性格の不一致でした。

その他にも順位が違うだけで離婚理由はほとんど同じです。

異性関係は配偶者の浮気や不倫、親族問題は家族や親戚の折り合いが悪いなどの問題です。

どちらにもランクインしている異常性格とは、理解しがたい性格のことで、異様にヒステリックだったり、あまりにも自己中心的だったり、極度のマザコン、すぐにトラブルを起こすなど様々なタイプがあります。性格の不一致が自分と相手のそれぞれ性格が合わなかったということに対して、異常性格は一方的に相手に理由がある場合に使われる言葉です。

なぜ性格の不一致になるのか

芸能界では交際0日婚なんて騒がれた夫婦もいましたが、ほとんどの人は結婚前にある程度の交際期間を経て結婚に至ることが多いと思います。

その交際期間の中で相手の性格を理解し、この人とだったら一生を供にしたいと思って結婚を決意したはずなのに、なぜ理解していたはずの相手の性格と合わなくなってしまうのでしょうか。

【理由1 承認欲求が満たされない】
新婚のうちはラブラブでも月日が経つにつれてだんだんその熱も失われていきます。
相手に関心がないわけではありませんが、相手の話や呼びかけに対して返事をしなくなる夫婦って多いと思います。
人には承認欲求があり、返事をしてもらえないとこの欲求が満たさません。そのため離婚を考えるようになります。

【理由2 相手の当たり前を受け入れられない】
夫婦は他人です。生まれてから結婚するまでずっと違う環境で育ってきました。
別に夫婦の出身地が沖縄と北海道みたいに離れていなくったっていいんです。育ててくれた親が違うだけで、隣の家同士でも生活習慣は大きく違ってきます。
結婚するとこの生活習慣の違いがいろいろなところに現れてきます。その時に『うちは目玉焼きには醤油だけど、ソースも美味しそうだね』と相手にとっての当たり前をを受け入れられたらいいのですが、『目玉焼きには醤油って決まってる!ソースなんてありえない!』と否定してしまっては相手は嫌になってしまいます。

【理由3 マンネリ化する】
人は欲張りで無い物ねだりをする生き物です。
恋が始まった時は会えるだけで幸せだったのがやがて付き合いたいに変わり、そのうち手をつなぎたい、キスをしたい、と欲求はエスカレートして最後は結婚したいにつながります。
結婚はゴールではないと言いますが、結婚すると結婚前にあった変化が少なくなるのは事実です。
人はマンネリ化すると不満を抱くようになり、そこから浮気や不倫に走ってしまう人もいます。

【理由4 気づいていない人格攻撃】
夫婦は長い時間一緒にいるため、それなりの不満があるのは当たり前ですが、これを言葉に出しすぎると相手を傷つけてしまいます。
『お前は時間にルーズだな』『あなたは本当に片付けができない人ね』などの何気ない一言でも、何度も言われたら人は傷つきます。
言っている側に相手を傷つけるつもりはないと思いますが、だからこそ止めることができずに相手を攻撃し続けてしまうのです。

【理由5 忙しい】
付き合っている時からどちらかが忙しくてなかなか会えないということもあったと思いますが、夫婦になると余計そのことに対してイライラします。仲の良い夫婦にとって会話は欠かすことのできないコミニュケーションですが、忙しいとどうしても会話に十分な時間がとれません。こんな相談したかったのに、聞いて欲しい話があるのにとどとらか一方が不満を募らせていくと離婚につながる可能性があります。

女性が離婚を考える瞬間

女性が離婚を考える瞬間は日常生活の中にたくさんあります。

まずは、夫に対して経済的な不安を感じた時です。

お金のために結婚したわけではありませんが、夫のお給料では生活が苦しかったり、夫が自分の欲しいものを我慢せずにどんどん買ったりしていると、この先もお金に苦労するんじゃないかと不安になり、安定した生活を求めて離婚を考えます。

夫が家事や育児を手伝ってくれないことに不満を持っている女性も多いです。

夫には外での仕事がありますが、妻にも家庭での仕事があります。妻の仕事は無償ですし、休みもありません。

それなのに夫は家に帰ってくるとソファーでくつろぎ、休みの日はゴロゴロ。妻が家事を手伝って欲しいと伝えると『俺だって疲れてるんだから』と嫌そうな返事。この瞬間に夫に対して怒りを覚える妻はたくさんいます。

それから、女性の中には出産を機に夫に対して嫌悪感を持つようになったという人もいます。

夫を生理的に受け付けなくなり、触られるどころか顔を合わせるのも嫌になってしまう場合もあります。

そうすると同じ家で暮らすことは苦痛でしかないので離婚したいと思うようです。

その他、暴力を振るわれた、浮気された、自由になりたくなったなど離婚したい理由はたくさんあります。

男性が離婚を考える瞬間

男性にも妻との離婚を考える瞬間がありますが、内容はだいぶ女性とは違っています。

男性は家に安らぎを求めているため、妻が掃除をしなかったり料理を作ってくれなかったりすると不満を抱くようになります。

女性が夫に家事を手伝って欲しいと思っているのに対して、妻が家事をするのが当たり前という考えを持っている男性は少なくはないようです。

また、金銭的なことで離婚を考える男性もいます。金銭的な理由は女性にもありましたが、男性は働かない女性に対して不満を持っている人が多いです。

『自分は働かないくせに、俺の給料が安いと文句を言う』『妻が働いてくれないからお金が出て行くばっかり』と嘆く男性もいますが、『女だって365日、家事という名の無償の仕事に追われてるんだよ〜!』と妻の怒りが聞こえてきそうです(笑)

また、最近はモラハラ妻に悩まされている男性もいます。

何をしても文句ばっかり言う、自分の意見は聞き入れてもらえない、行動を監視されて自由がないなど、精神的な安らぎが奪われ妻との夫婦生活に耐えられなくなってしまったという男性もいます。

その他、男性側にも妻の浮気や義理両親と折り合いが悪い、ただ単に嫌いになったなどの離婚理由があります。

夫婦仲を修復する秘訣

こうしてみると離婚の理由って何か大きな出来事よりも日々の小さな積み重ねなんだということが分かると思います。

私は精神的DVが原因だったので離婚してよかったと思っていますが、離婚は本当に疲れます。

たかが紙切れ1枚ですが、名前を変えたり職場に報告したり、自分はバツイチになるという不安に襲われたり…決して気分のいいものではありません。

周りの反応も気になるし、何より自分たちが一生を共にする覚悟で結婚した相手ですから、できることなら離婚しないで関係を修復したいですよね。

●夫婦仲を修復する方法で一番大切なことはやはりコミニュケーションをとることです。

会話が少ないとどうしても相手に対して不信感を持つようになってしまいます。信頼関係のない夫婦は長続きしません。

特別な会話じゃなくて構いません。まずは笑顔で挨拶することを意識しましょう。『おはよう、今日はいい天気だね』『ごちそうさま、おいしかったよ』と一言プラスできるようになったらだんだんと会話も増えてくるはずですよ♩

また、コミニュケーションの一つとしてケンカも大切です。雨降って地固まるというようにケンカをしてお互いに理解を深め合うことができます。

ただ、ケンカをするときには自分の意見をぶつけるだけではなく、相手の意見もちゃんと聞き入れ、『あなたは間違ってる!』と否定しないように気をつけて下さい。

●感謝の気持ちを持つことも忘れてはいけません。

お茶を入れてくれたらありがとう、ゴミを捨ててくれたらありがとう、洗濯物を取り込んでくれたらありがとう。

やってくれて当たり前ということは何一つありません。相手の行動にムカつくこともあると思いますが、そういう時こそ感謝できるポイントを探しましょう。

私の夫はお茶碗を洗ってくれますが、洗い終わった後のシンクは水浸しです(笑)

だけど『ありがとう!すごく嬉しい』と伝えるようにしています。そしたら他の家事も積極的にやってくれるようになりました。

この二つは本当に重要です!

その他、スキンシップをとる、記念日をお祝いする、家事や料理に力を入れる、同じ趣味を持つなども夫婦関係の修復に貢献してくれると思います。

離婚の原因は日常の小さな不満の積み重ねです。それと同じように小さなことをコツコツと積み上げて修復を目指しましょう。

まとめ

男性も女性も離婚理由第1位は性格の不一致です。相手のことをよく理解した上で結婚しても、一緒に生活するようになると少しずつズレが生じてくるものです。

自分と性格の合わない人と同じ家で暮らしていくのはお互いストレスになるので、離婚という道を選ぶことは正しい選択だと思います。

ただ、離婚は精神的に大きなダメージを受けますし、夫婦関係を修復することは不可能ではないのでまずは関係を良くする努力をしてみるのもいいのかなと思います。

それでもやっぱりもう好きになれない、浮気を許すことができない、夫(妻)のことは好きだけど義理両親とうまく付き合えないなど結婚生活を続けていくのが困難な理由があるときは、自分の幸せを考えて新しい人生の第一歩を踏み出しましょう。

 

こちらの記事もご覧下さい。⇒妻のモラハラへの対処法。離婚も視野に入れてモラハラの証拠を集めておこう!